ロックマン30周年記念ライブレポート・その1

 2018-07-14
先週行われた、ロックマン30周年のライブ、盛り上がりましたね~。
どんな感じだったか、今一度振り返ってみようと思います。

会場は中野ZERO。会場の情報を見ると、1000人くらい入れる、少し大きめの会場です。
私は7/7と、7/8昼の部を見に行きましたが、7/7分は追加分なので空席あり、7/8昼は完売したこともあって、2階席まで埋まっていました。
さすが30周年だけあって、集まる人もいっぱい。

IMG_2590a.jpg


演奏は、岩垂徳行さんをメインに、ライブのために集まったスペシャルユニットで構成。
目を引くのは、バイオリンや、トランペット・サックスといった吹奏楽も入っていること。
バイオリンは哀愁を感じされるメロディアスなフレーズでメインを張っていました。
ロックマンは哀を感じる場面も多いので、バイオリン入れてるのは、らしいな、と感じたり。

ライブの構成は、演奏と司会のウッチーさんとのトークを交互に行う形で進行。
どのシリーズも、代表曲とも言える、おなじみの名曲のオンパレードで、興奮しながら聴いていました。
私は、定番のワイリーステージと、あまり生演奏では聴く機会のない、流星のロックマンのメドレーにエキサイティンしましたね!

(演目は以下参照。公演の回ごとに違う曲にしているのもありました)
http://www.tate.jp/concert/rockman2018/rockman0413.html

トークの方でも、制作当時の話が聞けて楽しかったです。
7/7は、青木佳乃さんより、ロールちゃんの「風よ伝えて」のアカペラも聴けましたし、7/8は、立石さんと松前真奈美さんの仕事場でのエピソード、などなど。

また、ラップユニットであるKICK THE CAN CREWのメンバー、MCU氏による自作ラップも披露され、ロックマン×ラップの新たな境地も。

公演ラストには、花やしきでよく見かけたエグゼのロックマンとブルースも登場し、みんなでワイリーステージで盛り上がって幕引きとなりました。

うーん、やっぱり生演奏は最高ですな!!
今回は記念ライブということでしたが、できれば年1くらいの定期でやって欲しいですね~。

【番外編】ブラステ/Bloodstained:Curse of the Moon

 2018-06-17
ロックマン11の発売日が10/4に決まり、あとは待つだけですね!
動画やインタビューでもかなり練られている感じですので、非常に待ち遠しいです。



ですが今回はちょっと外れて、同じ2Dアクションゲームについてです。

先月に、インティクリエイツより、悪魔城ドラキュラのゲーム性と類似したゲームがダウンロード専用のタイトルとして配信開始されました。
Bloodstained: Curse of the Moon
環境はswtich、3DS、PS4、PSVita、XBOX、PC、現行ハードをほぼ網羅しています。

公式サイト
http://curseofthemoon.com/jp/


ゲームと内容を短く説明しますと。
移動や攻撃方法など、異なる特性を持つ仲間4人を切り替えながら、ラスボス撃破を目指す、昔ながらのステージクリア型2Dアクションゲームです。

大本のモチーフをFCの「悪魔城伝説」とし、あとはコナミワイワイワールド(FC)、ロックマンシリーズ、月風魔伝など、FC時代のアクションゲームのいいとこ取りをして1本のゲームにまとめた感じです。



ファミコンのアクションと言えば、とかく難しい印象もありますが、クリアだけなら非常に楽です。
残機無限、吹き飛びなしのカジュアルモードで進めば、穴に落ちる危険も少なく、ステージリトライとなる条件は、「現在操作しているキャラのライフがゼロになる」ことですので、1人が危なくなったらキャラを切り替えれば良く、実質のライフは4倍となっています。

ミスをしてもそのキャラのみ使用不能になって再開という仕様なので、再開のハードルは低く、またぶっちゃければ、1人ミスしたら他の3人が自害して4人フル回復でリトライする手も取れます。
どのように進めるかは、プレイヤーの裁量に拠るところが大きいですね。

ボス戦ではパターンを覚えて回避するテクニックが重要で、ここらはロックマンの影響が強いです。
ノーマルモードであればごり押しも可(笑)

そんな感じで、慣れてきたら、移動は飛行やスライディングなどでショートカットしつつ、スピードクリアを目指す方向になるでしょう。
斬月がフルスキルの状態になると、ロックマンゼロやガンヴォルトのようなスタイリッシュスピードアクションと化します(汗

触ってて楽しいゲームですので、ロックマン11の前に是非やってみるといいですよ!



余談ですが。
Bloodstainedの本編は探索型のドラキュラ(月下の夜想曲以降の、移動手段を徐々に増やしながら探索範囲を広げ、ラスボスを目指す方式)であり、こちらはスピンオフ作品。

外伝の方が先に出てしまうとは。
本編の完成を待ちきれないファンの飢餓感を抑える側面も見え隠れし、進行度合いが危ぶまれますね・・・。
まーだ時間かかりそうですかね~。

花やしきにて、ゼロに関する超重要資料が発見される!?

 2018-02-10
ロックマンユナイトが、東京の花やしき遊園地と、大阪のひらかたパーク、2カ所で開催中です。
開催後初の週末となる今日、私もさっそく行ってみました。

そこで、驚くべき資料を発見したのです。




ロックマン~ロックマンX1までのキャラクター相関図・・・!


特に注目したいのは、ゼロ誕生までの経緯。

・ブルースを参考にZERO計画が進められた
・ゼロは悪のロボットとして作られたが、
 ウイルス感染の影響で、悪ではなく正義になった


ここらの設定は、今までのシリーズではまったく触れられていない部分です。

他の原画ラフなどと一緒に貼られていましたが、いくぶん乱暴な形で壁にあったので、公式イベントとはいえ、信じていいものか、最初見た時点では半信半疑でした。

しかし・・・。




カプコン在籍経験のあるARIKA三原さんも本物だと認める。



どうやら本物のようです。




この「指針書」は、花やしき遊園地の、宝探しコーナー(今回のユナイトの受付。グッズ売り場ににもなっているのですぐ分かります)の壁に貼ってあります。
なお、これまでの資料をランダムに貼っている感じで、斜めに貼られているので注意。

花やしきのイベントに行く際は、今回の資料もチェックしてみてください!



>2/11 21:00追記

三原さんが今回の資料について補足していました。




開発前時点時における資料ですので、今現在の設定とは必ずしもイコールというわけではない、ってことですね。


ロックマンX&ロックマンXメガミッション セレクションボックス 受付2/4まで!

 2018-02-03
急げー!間に合わなくなっても知らんぞ~!

ロックマンXのカードダスの復刻+追加カードのある、「ロックマンX&ロックマンXメガミッション セレクションボックス」の予約締め切りが、いよいよ明日に迫りました。

これを逃すと、もうカードダスとして拝めるチャンスは、確実にないはずです。
後にしようと思っていた方は、必ず明日までにプレミアムバンダイのサイトで予約するのです・・・。
Amzonや通販サイトでへ取り扱いなしですので、必ず下記のサイトでね!

http://p-bandai.jp/item/item-1000119943/

なぜ私がここまで力説するか。
しかも10,800円と、かなりお値段もするし。

あえて言おう。

10,800円は非常にリーズナブル・・・
良心的価格でございます・・・。


ロックマンユニティのウッチーさんも、今回のポイントを上げられていましたが、以下の3つがそうですね。

①メガミッション1-3復活収録
②ロックマンXのカードダスシリーズからも復活カードあり
③幻のメガミッション4の一部カード化

初カード化も嬉しいのですが、①メガミッション1-3復活、これに私はスポットを
当てたいと思います。

メガミッションシリーズは、一言で言うと、
コンプして持っていないと意味がない!
これに尽きます。

メガミッションの特徴として、オリジナルのストーリーが、それぞれのカードの裏面に記され、それを合わせて全体のストーリーラインをつなげていく、という点があります。

x_003s_2018020318573080d.jpg

このように、1枚だけだと、断片的な話しか分かりませんし、1枚足りないと、
ストーリーが補完できないことになります。
ですので、今回のメガミッション完全収録が非常にありがたいわけですね。

しかも、メガミッションシリーズを、復刻版ではなく、当時のカードとして
今から入手することは、ほぼ不可能に近いです。
ヤフオクやメルカリを見ても、一部カードなら手に入るかもしれませんが、
コンプ状態ではもはや出品されることはありません。

まんだらけなど、古いカードダスを販売している店舗も、コンプすることはできないでしょう。
それだけ、入手難度が高いというわけです。

だからこそ、今回の復刻が非常に重要だ・・・というわけです。
注文販売であることから、後から手に入れることは、非常に厳しいでしょう。
ですので、ファンは忘れずに注文すべし!


ロックマン11発売決定!ファンはこの日を待っていた!

 2017-12-14
N2です。
お久しぶりでございます。

ここしばらく、クラシックコレクションなどの既存作の再録はあったものの、新作もなかったのですが、遂に新作発表ということで、こりゃ眠っている場合じゃねえ!ということで、しばらくぶりに記事書きます^^

ファンなら既にご存じかもしれませんが、ロックマン11が先週発表されました!



やったーーー!
新作、待ちに待った新作ですよ~!


新たなロックマンは9、10と続いていたファミコン風から一変、ロックマンロックマンに近い、3Dグラフィックを駆使した2Dアクションとなります。

公開されたデザイン画では、武器チェンジとともに姿も変わるようになるようで、どんな感じになるか、今から非常に楽しみです。

気になる対応ハードは、PS4にNintendo Switch、Xbox One、そしてPCと、全方位対応!
ハードがなくてプレイできない、という心配は不要ですね!

関連してX移植の話とか、他の発表にも触れたいですが、まずブログとしての復活一発目ということで、続きはまた次回。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ