スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ロックマン漫画家列伝 その9 おぎのしん

 2011-03-25
おぎのしん
ヴァンを過不足なく表現した、ゼクスシリーズ影の功労者



エグゼ以降のロックマンはコロコロコミックでの連載が通例となっていましたが、ロックマンゼクスはコロコロでの連載とはなりませんでした。
代わりに、ブロスコミック中での連載となり、その時に製作に当たったのがおぎのしん先生です。

・・・あとがきで分かることですが、おぎのしんとは個人名ではなく、脚本やストーリー、作画全員を総称した3名のユニット、とのことです。

ゼクスでは2人の主人公がいるため、漫画化に際しては悩むことが多かっただろうことが推測されます。
ゲームの方はヴァンとエール、ストーリーラインはほぼ同じとはいえ、パラレルワールド的に流れているので、もう1人の主人公とは接点がない、・・・そうしたらどうやって漫画は進めるのよ、てことになったことでしょう。

どういう経緯があったかは知る由もありませんが、結果としてはヴァンが主人公固定となっています。
エールは登場しませんが、パラレルで進んでいる以上、そうするしかなかったのかもしれませんね。
しかし固定させたことで、ストーリーがぶれることなく最後まで進めたのだろうと考えられます。

話の中には独自の脚色もありますが、漫画版ゼロのように本筋までは逸脱していないので、違う部分についても、それほど違和感を感じることなく読み進めることができます。

また、絵柄としても独自色は少ないものの、うまくまとまっていました。
特筆すべきは、ゲームでは見慣れている体力ゲージが描かれている点ですね。
漫画ですと、表情や傷の具合で分かるので、ゲームをコミカライズした作品も普通描かないのですが、ゲームの方に立ち戻る感じで、元のゲームに対するリスペクトのようなものを感じます。

ブロスコミックとしての連載だったこともあり、注目度は低かったですが、ゼクスをやってきたプレイヤーであれば満足できる出来だと思います。
単行本にはアドベントの分がないので、いつの日か復刻される日が来るといいですね。



おぎのしん先生執筆作品

ロックマンゼクス(全2巻)

スポンサーサイト

ロックマンCD徒然紹介第25回 ゼクスギガミックス

 2010-09-27
ロックマンゼクス サウンドスケッチ ゼクス ギガミックス

20100927_1.jpg

2008年4月発売
インティクリエイツ
3,000円

ロックマンゼクスの2作品のアレンジ楽曲+ドラマパートを収録。



ロックマンゼロの頃より、ゲームの発売後しばらくたって、インティクリエイツよりリマスタートラックのサウンドトラックが発売される流れとなっていました。

現時点のゼロ系の最新、ゼクスアドベント発売後も「ZXA TUNES」が発売になっていますが、その翌年に発売されたものです。
リマスタートラックの名がついていないことからも分かる通り、これまでのとはややコンセプトが異なり、サウンドドラマパート+ZX、ZXA曲再アレンジとなっています。
曲構成はむしろゼロ1リマスターに近いでしょうか。

ドラマパートはもちろん、本編と同じ声の人。
DSのゼクスシリーズだと、アニメデモなどでもセリフが聞けるようになって声的にはおなじみになっているのですが、ゼクスの世界観が上手く表現できてますね。パンドラプロメテ、GOOD。

曲の方は有賀ヒトシ先生が選曲してそれをインティのサウンドスタッフが再アレンジする形となったらしいです。
まぁそういう経緯は中の文だけで触れられていることで、大事なのは中身ですが…
ゼクスだと繰り返しやっているわけじゃないので、特に印象の強かった曲しか覚えていないです(汗
ZXシリーズを代表する曲「Green Grass Gradation」はこのCDのアレンジもいい味出してます。
元々トランス色が強い曲でしたが、そのトランス系をもっと突き詰めている、という感じで。

ボーカル曲も歌い手を変えてみたりと、いろいろと工夫の跡が見られますね。
ただ、このCDの発売時の状況を見るに、ZXAの後に続編が続かないから代わりにCD出すことになったのか?と勘ぐってしまいます。
実際はどうだったのかは知る由もありませんが。



お気に入り度  ★★★
ゼクスシリーズ自体への思い入れがやや薄い為ちょっと低め。
シリーズ好きならば満足できる出来だとは思いますが…

入手難易度   ★★★☆
残り少しですがAmazon在庫あり、イーカプ売り切れ。
インティクリエイツのサイトからの直販も受け付けてますが、なにぶんやや前のソフトなので、要確認です。

ロックマンCD徒然紹介第7回 ロックマンゼクスサウンドトラック「ZX TUNES」

 2009-07-20
ロックマンゼクスサウンドトラック ZX TUNES / I I I

20090720_1.jpg

2006年10月発売
インティクリエイツ
定価3,200円(税込) 

ゼクスの楽曲に、イメージソングやゲストのサウンドクリエイターの曲をプラスして2枚のCDへ収録。




ゼロシリーズに続く、インティクリエイツ制作のサントラシリーズです。
制作の方式としては、これまでのインティ製CDと同じで、ゲーム機本体の音ではなく、リマスターとしての収録となっています。

音楽の方はどうでしょうね…。
ゼクスのシリーズは私にとって鬼門でありまして、CDを聴いてみてもDSのゲーム本編がほとんど思い浮かびません。
さすがにタイトル画面とかガーディアンベースとか、よく流れていたのは覚えていましたが、それ以外はからきしorz
たかだか3年前なのにね…

音の方は詳しく言えませんが、ブックレットなどについては、ずいぶん凝っていることが分かります。
ライナーノートには初代2から受け継ぐ何々…といった解説がびっちり、曲ごとの解説もサウンドの元締めである山田一法氏が1曲ずつ書いているし、イラストも岩本先生や中山徹さんなどの描き下ろしがあるなど、私としてはCDよりその他の部分に目が行ってしまいます。

あとはイメージソングとされている「イノセンス」が、非常にゲームとマッチしていていいかなぁ、と。
・・・ふむ、CAOさんは(2009年現在)まだ音楽の世界でがんばっているみたいですね。

CAOのウォークインクローゼット




お気に入り度 ★★★☆

ゼクス好きならきっと好きになるでしょう。
私は本ゲームへの思い入れが足りないせいで…申し訳ない。


入手難易度 ★★☆

2009年7月現在で普通に在庫ありのようです。
欲しい人は注文しましょう。

歴代ロックマンCMを追ってみる・その10(ロックマンゼクス)

 2009-04-16
CM特集最終回です。
ゼクスシリーズは2本だけですが…。


ロックマンゼクス  CM曲:♪あやさけ(オールジャパンゴイス)

※動画は公式サイトの「ムービー」から見られます

「選ばれし者、今こそ変身せよ。
「6つの力が、世界を変える。ロックマンゼクス」


CM的にはゼロの流れを受け継いで作られていますね。
主人公2人になっているので、見せたいものがややぶれている感もありますけど。




ロックマンゼクスアドベント  CM曲:♪コトノハ(音速ライン)

公式サイトの「ギャラリー」→「ムービー」から見られます

「発動せよ!驚異のコピー変身、トランスオン!」
「進化する戦闘形態、降臨!ロックマンゼクス・アドベント!」


ナレーションがスネークっぽいんですけど、あってますかね?
トランスオンのキーワードを出しつつアニメとゲーム動画で紹介するスタイルは変わりませんが…
このCMは残像残像言っている歌の方が気になってしまいます(笑




これで全シリーズ紹介終了です。
動画を探したり、時には編集したりで結構手間がかかったなぁ。


全体的に言えるのは、
「実写はやめとけ」ってことでしょうかね(笑

これからもCMは作られることになるのでしょうか?
昨今テレビ離れが激しいとかいう話もちらほら聞かれますからね。
私も全然見てませんし。

今後はCMというよりも、プロモーションビデオの拡充に向かうのかな、と個人的には思っています。





あ、そういえば一つ触れるのを忘れていたのがありました。
ロックマンズサッカー。
曲があるくらいだからやっているのは確かなのですが、情報がほとんどなくて。
でもあまり深くつっこまない方がいい気がしてきたので、これで終了(ぉぃ

2年越しのクリア

 2009-02-09
ようやくロックマンゼクスアドベント、クリアしました~。
てグレイ編だけですけどね。


モデルAのAはそのAだったのね。
まぎらわしいったらありゃしない。最初は誰も勘違いしたに違いない。


ちょっと振り返ってみると、ストーリー自体は終わってみれば最初に思っていた青臭いというか、俗に言う「中二」的な要素は気にならなくなっていました。
初代から設定が離れるほど違和感を感じる私ですが、さすがにこれほどまでぶっとんできたら、気にする方がいけないな、と。
パンドラとプロメテとエールがきっちり活躍してたので、まあオッケー。


問題なのはアクションですかね。
変身できるのはいいけど、一部のボス、それぞれの変身状態での移動がろくにできないのはどうかと思いました。
陸でのクロノフォス、ありゃ何だ(笑

仕掛けに応じて変身が必要になっても、それが非常に面倒というか・・・。
こちらがサクサク進めたいのにその流れが阻害されている気がしました。


エンドロールの声のキャストは、と…
モデルZは引き続きロクゼロの風間勇刀か・・・。
ディアバーン : 乃木健次 、何か見たことあるような。
あぁ、ロックマンロックマンのガッツマンの人か。どおりで覚えていたわけだ。
あと1人、超ベテランがいますね。
バイフロスト : 銀河万丈 、か。
ガンダムのギレンのセリフ、何か言ってくれたら面白かったのにw


ひとまずこれでアドベント完、てことになりますが、アッシュ編が残ってますね…。
どうすっかなぁ…。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。