スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ロックマン30周年記念ライブレポート

 2018-07-14
先週行われた、ロックマン30周年のライブ、盛り上がりましたね~。
どんな感じだったか、今一度振り返ってみようと思います。

会場は中野ZERO。会場の情報を見ると、1000人くらい入れる、少し大きめの会場です。
私は7/7と、7/8昼の部を見に行きましたが、7/7分は追加分なので空席あり、7/8昼は完売したこともあって、2階席まで埋まっていました。
さすが30周年だけあって、集まる人もいっぱい。

IMG_2590a.jpg


演奏は、岩垂徳行さんをメインに、ライブのために集まったスペシャルユニットで構成。
目を引くのは、バイオリンや、トランペット・サックスといった吹奏楽も入っていること。
バイオリンは哀愁を感じされるメロディアスなフレーズでメインを張っていました。
ロックマンは哀を感じる場面も多いので、バイオリン入れてるのは、らしいな、と感じたり。

ライブの構成は、演奏と司会のウッチーさんとのトークを交互に行う形で進行。
どのシリーズも、代表曲とも言える、おなじみの名曲のオンパレードで、興奮しながら聴いていました。
私は、定番のワイリーステージと、あまり生演奏では聴く機会のない、流星のロックマンのメドレーにエキサイティンしましたね!

(演目は以下参照。公演の回ごとに違う曲にしているのもありました)
http://www.tate.jp/concert/rockman2018/rockman0413.html

トークの方でも、制作当時の話が聞けて楽しかったです。
7/7は、青木佳乃さんより、ロールちゃんの「風よ伝えて」のアカペラも聴けましたし、7/8は、立石さんと松前真奈美さんの仕事場でのエピソード、などなど。

また、ラップユニットであるKICK THE CAN CREWのメンバー、MCU氏による自作ラップも披露され、ロックマン×ラップの新たな境地も。

公演ラストには、花やしきでよく見かけたエグゼのロックマンとブルースも登場し、みんなでワイリーステージで盛り上がって幕引きとなりました。

うーん、やっぱり生演奏は最高ですな!!
今回は記念ライブということでしたが、できれば年1くらいの定期でやって欲しいですね~。

スポンサーサイト

L-C-R act4 OSAKA-SIDE!行ってきました!(後編)

 2013-09-05
LCRレポート、後半です。前記事を見ていない方は、前編からご覧下さい。

■DJタイム2 KAZ a.k.a.HIGE
■安間正弘さんトーク
■DJタイム3

DJ2人目は KAZ a.k.a.HIGE さん。
・・・確かチップチューンでの有名人だったかな。
こちらもファミコンサウンドでの初代曲を中心に。
招待した方の特徴によるものではありますが、できれば初代曲ばかりでなく、他のシリーズからも曲流して欲しいとか、大胆なアレンジが欲しいとか、少し幅が欲しかった所です。

そして、DASHやエグゼの製作に深く関わっていたことで知られる、安間正弘氏へを交えたトークセッション。
最初に関わった、バトル&チェイスの話が中心になりました。
いきなり関わった割には、かなり広範囲にお仕事されていたようで。

ちなみに公式サイトにあった「世界のKH」氏は都合により出られなくなったようで。残念。

その後は3人目のDJ、外人さんでした!
ノリのいい方でしたねー(^^


■LCR大阪 特別ユニット

1)ユニットメンバー
山田一法さん、小渕世子さん、あと「名前が言えないあの方」でのユニット。
今回会社の関係で言えないのが多いなぁ。さすがC会社のある関西での開催w
主に小渕姐さんボーカルでの楽曲が中心でしたね。

2)スペシャルゲスト「BUNBUN」さん登場!
ロックマン3を中心に楽曲を多数製作した、BUNBUNさんを交えてトーク&セッションプレイ!
現在、音楽活動は趣味としてのみ、とのことでしたが、演奏の腕はまだまだ現役。
「スネークマンステージ」に加え、アレンジアルバム「ソーラーマンステージ」の各アレンジ演奏を披露しました。

3)その他
大阪会場でも、定番のギャラクシーマン等を。G/A/L/A/X/Y !!
最後のアンコール後の締めでは、「負けない愛がきっとある」をみんなで歌って終了しました!


東京開催とは、また違った形で、ロックマンサウンドを体感した1日でした!
スタッフの皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした~!

L-C-R act4 OSAKA-SIDE!行ってきました!(前編)

 2013-09-02
ライブでつながるロックマン!
L-C-R act4 大阪へ先日参加してきましたので、その時の様子を書いてみたいと思います。

■事前はあたふた・・・

今回は関東からの関西への遠征!
・・・さすがに地元のファン押しのけて真っ先に飛び込むのはまずかろうと考え、遅めにエントリーしてたのですが、これが裏目に。
開催1週間前に投げた申し込みメールは、どうやら迷惑メール扱いとして見られてなかったようで><
直前にもういちど連絡したら、今度は大丈夫でしたが、前日に急いで宿や交通手段を考えるなど、慌しくなってしまいました。


■大阪心斎橋、VERONへ

開始時間が15:00を待って会場へ。
ライブ会場は6月の東京の会場に比べるとキャパは小さめでしたが、窮屈には感じないくらい。
私は直前の予約だったので、この場で代金払って入りました。
ここでも、グッズやら非公式のCD、同人誌が売られています。

メガロックファンフェスタで飾られていた色紙も展示。

開始前は、会場に来ていた岩本先生のサイン会も開催されていました。
私もこのために、復刊版Xの単行本持って来ていまして、これも今回の目的の一つ。
(本は重かったですが・・・)

ちなみに、ネット配信のラジオ(スパイスマン)にて事前に公開されていた合言葉を言うと、抽選でプレゼント、という企画もあったのですが、運よく当たりました!D-Artsアルティメットアーマーエックスを岩本先生サインつきで!
むっふ~。
まだD-Artsのこのフィギュアも買ってなかったので、ダブルで嬉しかったですね!


■DJタイム1 You-Key
■MEGA MEN(?)


立ち上がりのDJタイムの時は、私含め観客も雰囲気がよく分かってなかったですが、
姐さん(小渕さん。今回のMC)の登場を機にヒートアップ!
MEGA-MEN・・・聞いたことないなぁと思っていたら、顔は見覚えありましたよww
Xoverの音楽とゆかりの深い、あの方でした((
Xoverより2曲、プラスしてアーマーアルマージの曲を。

(続く)

メガロックファンフェスタ レポート(後編)

 2013-07-04
前回の続きです!まだの方は前編を先にご覧下さい。



■SPICEMAN スペシャルトークライブ

ロック漫画家、有賀ヒトシ先生・岩本佳浩先生、サウンドの山田一法さんのいつもの3人、スパイスマンによるステージですが、今回のメインはゲスト。
ロックマン2のサウンド担当の1人でもある、立石孝(OGERETSU KUN)をゲストに招き、当時の話などを話題にトークを。
なかなか表に出ない方だけに、貴重なエピソードも聞くことができました。

松前さん(ロックマン3を主に担当、2当時は主にアーケードゲームサウンド製作)と隣り合わせの席で、少しだけお互いの曲つくりを交代してやったこともあったようで。
エアーマンステージは最初の部分は松前さん作っていたらしい((

その他にも、1EDと2OPの関係の話などなど。


■SPICEMAN ゲームライブ

DASH3再起動プロジェクトで紹介された、2D自主制作ゲームのテストプレイ。
スパイスマンの3人と、観客からも参加者を募り、プレイしていました。
ロックオンや前転アクションなど、多彩なアクションを駆使しつつ、ミッションをこなすというゲーム内容。

デモ版ということで、今後更なるボリュームアップが考えられているとのこと。
このデモ版、プレイできるように会場内でもダウンロードURLが公開されていました。


■LCR4 TOKYO-SIDE

ライブを通じてのロックマンを感じる、Live Communicated Rockman。
イベントとしては第4回にあたり、この後大阪でも開催される予定ですが、東京ではMRFFでの開催となりました。
大きく分けて、3組のユニットが登場。

1)NSF MUSIC COLLECTIVE

これまでのL-C-Rでも出演していた、Hallyさんを始めとした、チップチューンユニット。
チップチューンらしく、ファミコンやゲームボーイ実機を流用したチューンギミックも使い、ディスコさながらのハイテンションミュージックを披露。
ワールド2やX7、エグゼなど幅広い楽曲を展開し、更に海外からもラップボーカル(ROCK RANさん?)を招き、会場はヒートアップ!

2)海田明里さん他スペシャルユニット

特別ゲストとして、エグゼの音楽制作にも関わっていた、海田明里さんを加え、ポップなボーカル曲を。
「BeSomewhere」「負けない愛がきっとある」、それとエグゼ1のメインテーマアレンジでもある「Running Through The Cyberworld」を歌詞をつけて。

3)SENSORS

山田一法さん、川上さん、ドラムの源内さんによる、インティ製作タイトル群楽曲中心のステージ。
ZX、ZXAの他、あきやまかおるさんをゲストにfreesia(ゼロ4Esperantoのボーカルつき曲のあれです)、ギャラクシーマンなどを。


■イベントを終えて

正直、疲れましたね^^;
休憩があるもの、13時から21時半まで、ぶっ通しでしたから・・・
でも、充実した、濃密な時間を過ごせたと思います。

でも「ファンの手で25周年を盛大にお祝いする」というコンセプトは、十分果たされたのではないでしょうか。
いやあ、楽しかった!

メガロックファンフェスタ レポート(前編)

 2013-07-01
6/29(土)に、ロックマンファンが集うイベント、メガロックファンフェスタが開催されました。
簡単にその時の情報を書いてみます。

■開場直後

13:00から開場でしたが、私は余裕の遅刻です。
でも、この日は暑かったので、暑い中待っているよりは良かったかな((

既に入場は始まってましたので、受付を済ませて入場。
ここの会場は、1Fと地下の2フロアとなっていましたが、最初は1Fのみ開放。

同人CDの販売だったり、関係者のサイン・メッセージ、ワンフェスなどでおなじみのガレージキット展示が1Fで行なわれていました。
ただし、広さ自体はかなり狭いので、数十人ですでにいっぱい。
気になるとこだけ写真に撮って、あとはしばらくの間、外で雑談してました。

本番は、ステージが始まってからとなります。

■NES BAND ライブ

ほどなく地下のライブフロアが開放。
15時から、NES BANDによるライブでステージの幕が上がりました。

(NES BANDとは)
ファミコンの音源より演奏を行なう、4人組ユニット。
ファミコンが3音+ノイズ(打楽器等の効果に使用)の構成のため、1名が1チャンネルずつ担当。
原曲重視のスタイルとのこと。

ロックマン系のイベントでは初登場ですので、密かに注目していましたが、ファミコン音源を使ってすばらしい演奏をしていました。
チャンネル3の方が忙しそう。
例えば、ロックマン2の武器装備時の音は・・・演奏テンポも速いし、全体的におとなしい演奏スタイルの中、唯一荒ぶってました((

ロックマン1~4のメドレーをライブ内で披露。


■ロックマンDASH3再起動プロジェクト

活動内容の紹介と、海外のfacebookコミュニティからの特製映像を。
・・・最後に、独自製作のDASH3を題材にした、DASH3のバレットを操作する2D版ゲームを紹介。
後のステージでプレイすることになります。

(続く)

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。