スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カプコンを巡る「一喜」と「一憂」

 2010-07-30
カプコンの7月の商願登録にくだんのあれが。

カプコン
商願2010-043912 ロックマンオンライン\ROCKMAN ONLINE


(ロックマンオンライン)来たか
これで国内展開の体勢だけは取れたということですね。
あとは出すだけですよ!
ユニヴァースもあるのでしばらくはニュースに注視せよ、てことで。



一方で…

「2011年3月期第1四半期連結業績は、前年同期比に比べ売上高2.4%減、営業利益72.6%減と軟調に推移」
http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/100729b.html

利益が去年の4分の1近くにまで…
カプコンやばい超やばい

スポンサーサイト

ケータイ用のロックマンアプリは新時代へ入るのか?

 2010-07-28
GREEの一部のCMでロックマンXが登場したそうです。
テレビは最近番組をほとんど見てないのでリアルではまだ未見ですけど。

体験した人の話では、ロックマンXのペンギーゴステージのみプレイ可能だったとのこと。
一応ステージはこのアプリ用に調整したものであるようですが…
とりあえず様子見することにしました。
元々携帯用アプリは、私がソフトバンク利用者で種類が少なかったゆえに興味が薄かった事情もありますし。

それに無料無料連呼しているGREEが個人的に嫌いなことも少々。(課金コンテンツのことにちゃんと触れろよ!と思っていまして。ただより高いものはなし的な考え)





ケータイ用のアプリが開発され始めてもう何年にもなりますが、ここらに来てケータイ用アプリの売り方もだんだん変わってきました。

当初はメーカーに月額使用料を払う月額制や、1回のDLですむ売り切りなどの形態が多くなっていますが、最近では機能限定の体験版を無料で提供した後、追加の機能を課金させるパターンが増えてきた気がします。

iphoneアプリも、バイオ4モバイル版をはじめ、有名なソフトのモバイル版は必ずと言っていいほど体験版にあたるアプリが存在しますからね。





とはいえ、こういうのが行き過ぎて、パワーアップやレアアイテム獲得のために金を払うようなことはやめてもらたいところ。
例えばXのライフアップやパワーアップパーツのために課金とか、エグゼでエリアスチール*のために課金とかいう構造になったとしたら…と思うと、かなり嫌な気分になると思います。

とはいえ、今は携帯アプリとしては試行錯誤している段階ですので、結論を出すのはもう少し先になりそうです。

バカゲー専科風レビュー「ロックマンX5」

 2010-07-26
※注1 : 長文注意
※注2 : かつてのバカゲー専科のスタイルに従い、フォントを多用しています。

バカゲー専科風レビュー「ロックマンX5」 の続きを読む

ロックマンニュース(2010/7/24)メガマンユニバース他

 2010-07-24
■「メガマンユニバース」公式サイトオープン

http://www.capcom.co.jp/megaman_universe/

公式サイトオープンしました。
「海外の話かよ…」と思った貴方、URLをよく見てみましょう。
jpドメイン、つまり国内のカプコンサイト内に開設されています。
国内でもメガマンの名前にするつもりなんでしょうか?



■イーカプコンでロックマングッズ割引販売中

ユーザー登録者限定でグッズが割引販売中です。
メモ帳や下敷き、X6ランチセットなど、結構な数のグッズが 在庫処分 特売されていますので、チェックしてみて下さい。

<注意!>イーカプコンのユーザーでログインしておかないと割引が反映されません。品定めはログイン後に!

いい機会ですので私もこれまで未購入だったX6のグッズをゲットしました。
元の値段が高かったのが、値引きされてちょうどいい感じになっていましたので。

しかしロックマンX6にランチセット…おべんとう…
これでとある場面を想像したら、あなたはニコ動というナイトメアウイルスに冒されている可能性がありますよ((

↓イーカプコンサイトへ。左の「サマーキャンペーン2010」から探して下さい。
http://www.e-capcom.com/ec/cmShopTopPage.html



■カプコンサウンドスタッフのHP「Sound Sphere」でロックマンエグゼのサウンドについてコメントが。

高野充彦氏による、ロックマンエグゼ5DSのサウンド作成時の思い出について語られています。
エグゼDSのアレンジは良質なのが多かったなぁ。特にダブルスロット時に切り替わる戦闘BGM、とくにエグゼ4のアレンジが好きでしてね…

http://www.capcom.co.jp/sound/blog/20100720_24246.html

SoundSphereのページでは、これまでもロックマン関連サウンドについてもいくつか語られているものがありますので、今まで知らなかった人はあわせてチェック!

↓カプコンサウンドのレビュー
http://www.capcom.co.jp/sound/review/index.html

↓投稿作品(リミックスサウンド)にもロックマン関連サウンドあり
http://www.capcom.co.jp/sound/wanted/index.html

ロックマンバカゲーレビュー製作中

 2010-07-22
夏休みに突入しましたが、私にとっちゃこれから8月まではただの祝日のない月にすぎませんorz
暑い中ですが、頑張ります。

今回は特定のテーマが浮かばないので、いつもの流星wifi状況と、これから書こうとしていることをつらつらと。

流星3は戦闘中電池切れでヨイリー説教とともに無効試合がついてしまいましたので、ちょっとした時間に繋いでいます。
休みに入ったので遅い時間でもわりあい繋がりやすい状況。
ブラザーの設定替えせずにやっている都合上、相変わらずヴァルゴでやってます。
対戦の空気を感じられればいいので、自分的にはこれでOKです。

流星2も頻度は少ないですが繋がる時は繋がる、といった感じ。
3の方がいない時はこっちに人がいるパターンもありますので、まだ対戦に飢えている人は、繋いでいる人が多い夏休みの間にwifi接続してみましょう。



そして、今書こうとしているのが、『バカゲー』としてのロックマンシリーズのレビュー。
きっかけは先日のゲームサイド休刊の影響を受けてのことです。
ユーズドゲームズ~ゲームサイド、一連の記事の中で一番好きだった「バカゲー専科」の形式っぽく書いてみようか、と思いまして。

ここで言うバカゲーとは何?と思う人がいると思いますが…
定義は個人差はありますけども【ゲームとしては破綻しているけど、突っ込みどころ満載で、そのずれっぷりゆえに愛してしまうゲーム】、そんなゲームと見てください。

ロックマンシリーズはだいたい普通にやって楽しめるのが多いのですが、ちょっと斜に構えて見ると面白い、ゲームとしてはどこかおかしい、そういう作品があることも確かです。
初代であればWS版ロクフォルとかね(汗

ですので、今そういったツッコミ入れつつをレビューを書いてみようとしているのですが、ブログ1回分の記事としてはちょっと量が多くなってきています。
とはいえ、この類の記事は勢いがすべてで分割するには適さないので、書き上げたら一度に公開する予定です。

ツッコミどころ満載のゲームと聞いて、だいたい予想つく方もいると思いますが、過度に期待しすぎないようにしながらお待ち下さい。
それと事前に言っておきますが、ややけなし気味に書くものの、ゲーム自体は好きですので、あしからず…

海外ケータイアプリ版「MEGA MAN2」に手を出してみる(実践編)

 2010-07-20
MEGAMAN2の海外ケータイアプリ、導入編の続きです。

さて、DLした後は実際にプレイした感じですが、これがまあ、操作的にかなり難ありです。
タッチ携帯用のアプリですから、やはり画面をタッチしてプレイするということで、画面に描かれているボタンの部分を通常のボタンのように押してプレイするスタイルとなっています。

20100722_1.jpg

縦画面用のスタイル。十字キーがレバーのようになります。

20100722_2.jpg

横画面用。GBAのようなキー配置。

移動したい方向の方向キー(レバー)をタッチするので、手元を見てやるわけではないことから思うように操作することが非常に困難。ちょっとした指の置き所の間違いで自ら穴ダイブなどしょっちゅうです。
正確なプレイを期すためには、左手は移動の瞬間以外は画面に触らず、指を浮かせるという珍妙な操作となります。

こういった操作系のヤバさから、一発死の多いエアーマンステージ、ヒートマンステージが特に危険。
ヒートマンステージはアイテム2号がないと本気でやってもクリアーできないレベル。

では普通に死にやすかったクイックマンステージは?というと、クラシックモードOFFにしていけば何とかなります。
クラシックモードという設定をOFFにすると、ジャンプの動きが非常にゆっくりになり(水中を動いている感覚に近い)あわせてレーザーの伸びるスピードも遅いので避けるのが簡単になります。

加えてダメージ量がイージーすぎるのでボス戦含め体力0でティウンすることはまずありません。
攻撃力も平均して3、4倍、武器消費量とダメージも1/2、になっているなど、元々持っていたロックマン2のバランスを買えています。というか変えすぎ。
クラッシュマンがエアーシューターで一撃死した時はさすがに切なくなりました(>_<)
※イージーモードでの数値ですが、ノーマルでもファミコン版より総じて甘いです


その他にもアプリ特有の機能としてもいくつか違う点があります。
・どの面からもEXIT可能(ワイリーステージ含む)
・ワイリーステージも自分でステージ決定するやり方
・ゲームオーバーになってもE缶の数が0にならない
・武器使用数の引き継ぎなし。ワイリー面も次の面では武器全回復
などなど…

↓まさかのワイリー面セレクト
20100722_3.jpg


最初はただの移植かと思いましたが、中身は全然別ものでした。
一番困るのが操作性という一番大事な部分なので、流石にイロモノ好きでない限りはスルー推奨ですね…

ネタとしては面白かったですが(汗

MegaMan Universe(メガマンユニバース)発表

 2010-07-18
前回の続きにする予定でしたが、差し替えます



カプコンより、Megaman Universeが正式に発表されました。

PVはこちらを参照。
http://www.gamespot.com/ps3/action/megamanuniverse/video/6269358/mega-man-universe-announcement-trailer
↑大元は上のサイトですが、直接飛ぶと最初にCMが入るので、動画が埋められた所から行くのがいいかな…

COPCOM UNITY内の記事

Game Sparkの記事

感想ですが、…正直、よく分からない。
ロックマンなのにリュウやアーサーといった他作品のキャラも出てるし、ゲーム画面もないので、まだ分からないことが多すぎます。

少なくとも先に出たロックマンオンラインとは別ものだということは分かりましたが、あとは続報が来ないことには何ともいえませんね。

デフォルメのような他作品キャラが飛び交うというと、どうしてもスマブラが頭をよぎりますけど。
とにかく、日本で発売しないとは言わせないよ(笑


海外ケータイアプリ版「MEGA MAN2」に手を出してみる(導入編)

 2010-07-16
ロックマンの携帯電話用アプリは今ではかなり充実してきまして、つい先日もAU用のX3がリリースされたりとまだまだ製作は続いています。
…DASH5つの島がドコモしかできなかったりでドコモ偏重だけどな!

でもロックマンの携帯用アプリがいっぱいあるのは日本だけの話。
国内で独自にどんどん深化していったということですね。

海外でも携帯用アプリは皆無でなく、やろうと思えばダウンロードもできるので、ダウンロード方法とプレイ感について書いてみようと思います。


【必要なもの】
本体:iphone、ipod touch、ipadのどれか
まずは本体ですね。iTunesを使って買うので、対応するリンゴ社の製品が必要になります。
私の場合はipadのみ持っていますので、これに入れることにします。
…でも、これじゃあまりケータイアプリって感じじゃないよね(汗


iTunes Gift Card(アメリカ版)
itunesで買う時に使うプリペイドカード。
ただし、海外のアプリをDLするため海外製のプリペイドカードが必要になります。
探してみたら海外製のiTunesカードを買えるところがありましたので、ここで買うことにしました。
精算するとメールでプリペイド金額登録用のコードが送られ、iTunesではこのコードを使って登録します。


アカウント用のメアド
国内のと同一でもできるようですが、一応別に用意した方がいいかも。


【購入まで】
アカウントの取得と同時に購入することを前提に説明します。
itunesの中のiTunes Storeに行き、画面の一番下のエネルギー大のような白地赤丸のシンボルを押す。
すると国籍変更ができるので、UnitedStatesを選択。
切り替わったら、「mega man」で検索すると目的のアプリに到達するでしょう。
あとは買うと同時にアカウントの登録画面に行くようになるので、必要事項の入力と、プリペイドカードの登録をして購入する、て流れ。

参考サイト : http://www.geocities.jp/nakagaki_yu/itunes.html

iTunesで買えたら、あとは本体とPCを繋いでアプリを本体にコピーすれば準備完了です。


プレイ感についてはまた次回。



古くなるということは、壊れていくということ。

 2010-07-14
まだまだ梅雨の真っ最中ということで、じめじめしています。

これまでのグッズ類とかが気になりましたので、ダンボールの1つを開けて様子を見てみることにしました。
…たまには箱も入れかえとかした方がいいでしょうかね~
あまりほっとくと汚れたり湿気でやられたりもしますので、適度なメンテも長持ちさせるポイント…なのでしょうか。

特に電子機器系は気をつけたいのですが、その中から適当にチョイスして動作確認。
出でよ、「めざましコブンくん」!

「めざましコブンくん」とは…
もうだいぶ前のことで記憶もあやふやですが、PSの「トロンにコブン」が発売された時の特典だったと思います。
大きさも小さく、強度的にも頼りなさが感じられる目覚まし時計、ということでモノ的にはあまり良くないのですが、特製の時計でコブンの絵がかわいくプリントされているので、オリジナリティはしっかりと出ています。

コブンのシールも同封されていて、これでデコレーションしてくれ(意訳)とのことです。
説明書にもトロンとコブンのかけ合いがあってカワイイ。

20100714_1.jpg

というわけで、久しぶりに電池を入れてみます。
電池を使うものはずっとほっとくと電池が液漏れすることがあるので、外して保存が基本です。
私も一度リンクペットを液漏れでオシャカにした経験もありますので、体が覚えていますorz

あぁ…時計は動くけど、アラームが鳴らない。
機械は扱いが難しいですね…

ガッツマン談(作品ごとのガッツマン像の違い)

 2010-07-12
普段から書いています通り、初代・エグゼに関わらずガッツマンが好きなボスであり、好きなナビであります。
ロックマンシリーズではよくあることですが、作品によって性格が違うことがあるので、出てくる作品ごとにキャラ像を書いてみます。


・ロックマン(1)
セリフも何もないからはっきり言って性格は不明です。
単にボスとして登場する場合、動きだけになりますので読むのが難しいですね。


・バトル&チェイス
豪快な性格がここにきてようやく出てきます。
「ぶっつぶしてやる!」勝つというよりもまず潰す、と。
パワーキャラはこうでなくちゃ。
エネルギー消費が激しくて賞金でE缶てのもらしいくていいですね。

ガッツマンと言えば岩と地震。ワイルドアームズはまさにガッツマンを体現していたなぁ。
歌もド演歌だし、現場で働くドカタの漢…というイメージですね。


・スーパーアドベンチャーロックマン
最初見たときは「何でガッツガッツ言ってんねん」と思っていましたが、その後のエグゼ版ガッツマンでその設定が受け継がれるとは思いませんでしたよ。

あまり目立っていなかったですが、インパクトはでかかった。


・パワーバトル/パワーファイターズ
こっちもセリフがないので性格は分からず。
攻撃が読みやすくて強さとしては残念でした。


・ロックマンロックマン
これが今の理想のガッツマン像に近いです。
ものすごくおっさん化してしまっていますが、ワイリーマシン戦の「親方はみんなを守るもんなんじゃい!」セリフにしびれる。
かっこいいよ、親方!
同じ仕事場ということで、ボンバーマンとのやりとりも好きです。
ボンバーマンとの関係は、何か有賀ヒトシ設定に影響を受けたきらいもありますけど、それもまたよし。


・有賀ヒトシ版ガッツマン
有賀先生てパワーキャラ優遇してくれないから地味なんですよね…
縁の下の力持ちな描かれ方で。
堅いボディを強調するのもいいですけど、もっと「豪傑」的な一面を見せて欲しいなぁ。


・ロックマンエグゼ
エグゼではゲーム内では多く出ている割には、ナビとしての活躍の場が少ないですね。
能力が能力だから仕方ないか。
ベストはエグゼ3コピーマン登場前後のあれかな?

とはいえボスとしての弱さはいかんともしがたく。
エグゼ3では私もバグのかけらのためにフルボッコさせていただきました。
ごめんな、ガッツマン((


・ロックマンエグゼ(アニメ版)
かわいい。
力強さに愛嬌が加わってズキュゥゥゥンですよもう。
無印とstreamは比較的出番が多くて楽しく視聴していました。

でもナビのくせに物覚えが悪い場面があり「おいおいお前ナビだろ」と思わされることもありました。
それに強さ的にはやはり微妙でしたが…。

余談ですがエグゼ版ゼロは人気ないですが、アニメのBEAST+でガッツマンのために動こうとする姿に惹かれたので、そのからみでエグゼゼロも大好きです。


レプリロイドはシープマンの夢を見るか?

 2010-07-10
有賀ヒトシ先生とこの製作風景中継でロックマン9のロボットの寿命がどうのこうの、という話題になった時に、SF映画の名作「ブレードランナー」をふと思い出したので、レンタルして見ていました。

…んー、1982年と相当昔の映画ではありますが、やはりロックマンの作品におけるロボット・レプリロイドと人間との違いは?のような深層に迫りたい人であれば見ておくべき作品だと思います。

そもそも原作のSF小説も、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do androids dream of electric sheep?)」てことで、ロックマンとの接点も多い作品でもあります。
ロックマン10シープマンが電気を使うのもこの原作小説の影響か?(でなければ静電気でしょうネ)とも考えられますし、レプリロイドの用語自体もレプリカントとアンドロイドを組み合わせているので、縁が深いと言ってもいいのではないでしょうか。





おおまかなストーリーとしては、ハリソン・フォード演じるデッカードが、レプリカント専門の殺し屋「ブレードランナー」として地球に潜入した反乱者レプリカントの処分に奮闘する、という内容。
目的もイレギュラーハンターの仕事を彷彿とさせますし、特にロックマン9の話を知った後にこっちの映画を見ると、色々考えることが多くなります。

映画の中のレプリカントは、4年という短い寿命しかありません。
感情が芽生えて不安定になるので、安全対策としてそのような寿命が設定されているとか。
使用期限が決められているというロックマン9の設定もこれを参考にしたのでは?と勘ぐりたくなる内容です。

反乱者となったレプリカントたちも死にたくないから、地球に行って自分たちの製作者とコンタクトを取ろうとしているのがのちに明らかとなり、ますます考えされられることが多くなっていきます。
やっぱり短い寿命でいることや、使用期限で処分されるのは、ロボット/レプリカントとしても我慢ならないってことでしょうかね…




あんまりネタバレしすぎるのも問題ですのでここまでにしておきますが、初代、Xが好きな人でまだ見ていないなら一度は見ておけ的な作品ですね。

有名な映画なのでレンタルには必ず置いてある作品ですので、手軽に見られるはずです。
ファイナルエディションとよばれるデジタルリマスター版なら、あまり古くささも感じずに鑑賞できるでしょう。

3DSにロックマンシリーズ発売はありうるのか?

 2010-07-08
グラフィックでも大幅な強化が図られていて、E3でも一番の話題となっていました、ニンテンドー3DS。
ロックマンシリーズの出る可能性はどうなんでしょう。

ロックマンはハードが変わるたびに新たなシリーズが立ち上がるというパターンが多いです。
スーパーファミコンに移って「ロックマンX」
PSに移って「ロックマンDASH」
GBAに移って「ロックマンエグゼ」
DSに移って「流星のロックマン」

変わり目に新シリーズが出やすくなっているので、DSから3DSに変わるのなら、何となくもう次のシリーズの準備に入っているんじゃないか・・・という期待はしてしまいますね。
ちょうどゼロコレクションも発売されて、ロックマンとしては今は何も製作していないように見えますが、裏では作っている…てことはないのでしょうか(汗

しかし発表時点ではカプコンからのアナウンスは特にありませんでした。
RESIDENT EVIL(バイオハザード)を3DS用に作るよ~ということは言っていましたが、ロックマンについては言及なし。うーん…

まぁ現実問題、新しいロックマンを作るにしても、新規ハードでたくさん売るのはなかなか大変だとは思いますね。
エグゼだってローンチソフト(新ゲーム機の本体同時発売ソフト)でしたが、好評ではありましたが売れるのに時間がかかりましたし。
それに値段の違いもポイントでしょう。初代GBAの発売時価格は14,800円でしたが、3DSは今のDSよりも高くなるとすると、かなり値段的なハードルがきつくなり多くの人がプレイできなくなることになりそうですから…
小学生を相手に売りたいなら、エグゼ以上にきつくなります。

既存シリーズの続編の線もなしとは言えませんが、個人的には・・・

初代 : △  ファミコン風グラフィックならいらないですが、それに縛られないならありかと。
X   : ○  こっちは逆にSFCテイストで出すならあるいは…とは思うもののそれは3DSでなくてもいい気が
DASH: ◎  3Dグラが進化しているので、一番効果が見えやすい。
         LRボタン1種での操作体系が確立できればベスト
エグゼ: △ OSSと同様、大幅な変革は難しいと見ます
ゼロ  : △ 2Dアクションは3DSにするメリットが少ない
ゼクス: △ 上に同じ
流星 : ○ グラフィックを進化させる方向での進化であれば歓迎

こんな感じです。
DASHと似たようなゲーム性を持つPS「テイルコンチェルト」の続編「ソラロボ」が十何年かぶりに出るようなので、近い路線と言うことでDASHも出ないでしょうかね。

ロックマンのジクソーパズルあれこれ

 2010-07-06
有賀ヒトシ先生が原稿描きを動画配信しているようです。
7/5深夜にやっていましたが、しばらくは連日配信するという話もあるので、もしかすると今日も…?

http://ustre.am/kmU0



ロックマン10のサントラ購入者へのプレゼントキャンペーンですが、締め切りは8/30となっています。
先が長いと見てそのままだと忘れそうになりますので、私も今のうちにということで応募券貼って出してきました。

インティクリエイツのサイトでは、賞品が順次紹介されていますが、またひとつ、ロックマン10のジグソーパズルが公開されています。

http://www.inti.co.jp/cd/rockman10ist/index.htm

時計もいいけどジグソーパズルもいいなぁ。
というわけで今回はロックマンのジグソーパズルについてです。





ジグソーパズルとロックマンの縁は意外と深く、ロックマンのグッズ展開が本格的に始まったロックマン5のあたりから、既に市販品としてのジグソーパズルが存在していました。

モチーフは公式絵をパズルにしたものがほとんどでした。
こういったジグソーパズルの組み立ては、風景画ですと異常に難易度が高いのですが、ロックマン系のですと、配色がはっきり分けられていますし、ピース数も少なめですので、少し時間をかければ誰でも完成にこぎつけると思います。

20100706_1.jpg
↑原色があふれているパズルだと難易度はかなり簡単


ピース数はものによってまちまちですね。
ゲーム・アニメ関係は触れる人の関係上、少ないピースの作品が多いようですが、一番サイズとピース数が多いのは、10周年時のものでしょうか。これはイラストも完全オリジナル(あまり上手くはないですがw)、大きさもかなりのもの。
持っているので組み立てたいのですが、ずっと未開封状態だったので開けるのが勿体無くなっていて放置中(

※イラストはR20の設定集で見られます。(P.273)

製造元のセントラルホビーも頑張っていたようで、種類がかなり多岐に渡っていますので、私も何種類あるかは抑えられていない状態です。
私の持っている中では、スーパーアドベンチャーロックマンのジグソーパズル(よりよってスパアドかよw)が初代の中では一番新しいものだったので、少なくとも90年代末まではこういったのが作られていたようですが…
wikipedia見たら今は存在していない会社もようでして…むぅ。

とりあえず、どれくらい存在しているのか、それが知りたくて現在も情報収集中です。
詳しい方はご一報を。


※今回はセントラルホビー製を中心に語っていますので、その後のエグゼのジグソーパズルについては触れていません。
また書く機会があればエグゼの方にも踏み込みたいですね。

ゲームサイド最終号発売。ありがとう、「ユーズドゲームズ」の遺伝子を受け継ぐ者よ

 2010-07-04
7/3、ゲームサイドvol.24発売。
これが最終号になります。(´;ω;`)ウッ

GAME SIDE (ゲームサイド) 2010年 08月号 [雑誌]GAME SIDE (ゲームサイド) 2010年 08月号 [雑誌]
(2010/07/03)
不明

商品詳細を見る



この最終号には、「ロックマン10大図鑑」として、開発資料集、追加コンテンツ紹介、イラストギャラリー、竹下プロデューサーインタビューと、8ページの特集が組まれています。
特にステージの開発時イラストは初めて見るものばかりで、10をやったことがある人ならチェック必須でしょう。

…そうそう、10と言えばXBOXでのダウンロード料金、期間限定で値下げされるので、もしまだの人がいればこちらも利用しましょう。
7/6~7/13 1:00まで、800ゲイツポイントなのが400ゲイツポイントになります。
要するに…600円てことデスヨ!

http://news.livedoor.com/article/detail/4857966/



さて、事務連絡が終わったので、以後はユーズドゲームズ時代からのロックマンとの関わり+私の関わりっぷりを書いていきます。
ちょっと長くなりますよ((


■ユーズドゲームズ時代(1996-2002)

私がユーズドゲームズを知ったのは、97年頃でしょうか。
本屋のゲーム雑誌コーナーの一角に見かけたのが始まりですが、衝撃を受けたのはキャッチコピーでした。
「時代を逆走する日本初の中古ゲームソフト専門誌」

逆走…( ゜Д゜)
てのが当時の感想です。
PS1全盛期でしたが、最新ゲームでなくても面白いゲームはある!ということで、当時から見ても古かったファミコンやPCエンジン、メガドライブなどのソフトを特集していました。
私もファミ通等々のように最新作ばかりでない、古いゲームもクローズアップするという内容が好きになり、気がつけば愛読者となっていました。

そんな中、ロックマン関係のネタで言えば…
・「今月の1本」という単発のソフト紹介でロックマン3が
・長期間続くシリーズの第1作の特集中にある、シリーズソフト本数ランキングに3位でロックマンシリーズランクイン
・ファミコン漫画特集でロックマンシリーズを描いていた池原しげと先生の「ファミコン風雲児」「ロックンゲームボーイ」が取り上げられる

まぁ、何年も続いていた割には、それほどは目立っていませんでしたね。


■ユーゲー時代(2002-2006)

キャッチコピーは「新作だけがゲームじゃない!時代を超えるゲーム専門誌」。
中古に限らず、また新旧問わず扱う方針になり、以前は季刊だったのを隔月刊にして再出発しています。

残念ながら、私はここの時代にはあまり深く関わっていなかったです。
詳しくは書けませんが、「8BIT!アクションゲームズ」という企画でロックマンシリーズが取り上げられていました。


■ゲームサイド時代(2006-2010)

そして現在、ゲームサイド。
新作でも良質なゲームなら何でも扱うようになりました。
旧作を取り上げる特集ももちろんあり、例えばファミコンディスクシステム書き換え終了直前にはディスクシステム特集が組まれているなど、幅広くなっています。

そこへロックマン9の発売があり、レトロゲームテイストを持つ9が、古いゲーム好きなゲームサイドには格好のターゲットに見えたのでありましょう、それまでは有名シリーズでありながらあまり取り上げられなかったロックマンが、大々的に扱われるようになっていったのです。

Game LEVEL1という姉妹誌でも取り上げられたり、カプコンのアクションゲーム特集が組まれたりと、2009年以降はカプコンとゲームサイドが急接近した、理想的な展開でした。



休刊は残念ですが、今後はWeb上で活動していくとのことですので、こちらも引き続き応援していきたいですね。

ゲームブリッジ

ありがとう、そしてお疲れさま、ゲームサイド。

1日おやすみ

 2010-07-03
すみません、ちょっと時間が取れないので次回更新は明日、7/4にさせていただきます。
楽しみにしている人(いるのか?)には申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

手札を読む流星2、アクションを読む流星3。どっちが好き?

 2010-07-01
ゼロコレクションを一通り触りましたので、今は次のゲームに行く前の休憩時間みたいな感じです。
貰ったDSのマリルイRPG3をだらだらプレイしたり。
(とりあえずマリルイはかなり楽しんでます。一言で言うとクッパ様萌え)
流星wifi対戦が恋しくなって繋いでみたり。

流星2wifiは一部熟練プレイヤーの回帰の兆しがあるのか、トライブキング一辺倒でなく普通の対戦も時間帯によってはできるようになっています。
流星3は逆に強い人の接続が少なくなった印象。
久しぶりにHP桃色MAXの改造野郎がいたので返り討ちにしてやりましたガッデム。
カードリカバリーはええやね~。





てな感じで遊んでいますが、今wifi対戦可能な2と3、どちらが好きかと言われれば、純粋に対戦の楽しさで言えば、流星3より2が好きです。
(流星1はwifi対戦できない=相手がいない、ですので外しています)

流星2は配信カードのような万能すぎるカードがあったり、バブルハンドのずっと俺のターン現象など粗もありますが、
基本的に相手のカードを読んで、対処するカードと発動順番を考えるといった、カスタム画面でいっぱい悩み、当て方、避け方を考える作業が面白いんですよね。

それに負け方にも多くは暗転カード発動順の読み負けなど、納得できる原因がほとんどですから。
流星3では納得できないパターンが多く、例えば、アッパーでアーマー取られる→立て直しできないままBAでダンスとソードファイターでフルボッコ…なんて場合、一回の回避ミスで負け確定な状態になるので、「む~~~~~(納得できない)」と思うこともしばしばです。


3は暗転使用頻度が少なくなってテンポ良くなっていますが、その影響で読みの要素が少なくなったのが自分的に痛かったです。
前にも言っていますがエドギリだと「読み」が軽んじられるのが気に入りません(苦笑
シラハドリはワナのペナルティが少ないのでフォルダに入れることはまずないでしょうし、ホーリーも対策にはなってもかわす手ではないですし、あの強火力連続攻撃をいなす手段が欲しかった所。
他にもクラブ系の作戦ですと多少読みが重要になりますが、200%超えされたらそれもあっさり崩れたりですとか。





流星3ではアクションとしての避け方が重要視されるようになって、いかにアッパーをうまく避けられるか、いかにカワリミを活用できるか、などの方向に重心が移ってきていますので、流星のロックマンの対戦にアクション面での充実を求める人は3が、相手との手の読み合いを求める人は2が好き、という感想になるはずです。

というわけで私は2の方が好きです。
でも3は嫌いってわけではないですよ。でなきゃ対戦何千回もやってません((

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。