スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

VAVAも立体化!

 2011-10-29
ロックマンユニティより

http://blog.daletto.net/rockmanunity/archives/4687888.html

バンダイでは、会場発売の岩本verエックスだけでなく、他にも作っているというお話し。

馬場さん!馬場さん来ましたよ!

エントリー見ても分かりますが、肩のキャノンがあるから、造型は難しいと思われるのですが・・・試作品を見てもこれはすぐに期待できると分かるレベル。
可動部分がこれからどうなるかが課題のようですが、楽しみですね。

主人公クラスだけでなく、こういったキャラクターたちも立体化されていくのは、なかなか感慨深いものがあります。
(ガッツマンD-Artsで立体化しないかしら・・・)

スポンサーサイト

コレジャナイロックマン。アプリ「AUTOBOY」

 2011-10-27
iPhone用アプリを検索してみたら、変なのを見つけたので紹介します。

名前は「AUTO BOY」。

アプリ解説にはこうあります。
「8ビットゲームスタイルの2Dアクションゲーム」
…要するにファミコンベースのアクションてことですね。

<ストーリー>
21XX年、Dr.ゴードンはオートエネルギーを開発するが、ジョーカーに奪われてしまう。
その結果各地で破壊活動がうんぬん(以下略

・・・あれ?なんか聞いたことある話ですネ。
まあ説明より、見る方が早いですね。アプリ紹介ページがあるので、こちらをどうぞ。


iTunesのアプリ紹介


そして動画







思いっきしパチモンじゃねーか!

主人公はゼロか?ロクゼロのつもりなのか?
ボス選択画面は居直りというか、初代ロックマンのフォーマットを変えようとする努力すら省かれてて、ある意味潔い。
ロゴも微妙に似せようとしているのが、また神経を刺激させますね!

ボタンのない携帯では、アクションとの相性は悪く、公式のロックマンアプリ(MEGAMAN2)ですら遊ぶのにきつかったんですけど、きっとこれも同じ感じなんでしょうね。


参考(過去記事) 
: 海外ケータイアプリ版「MEGA MAN2」に手を出してみる(実践編)


言いたいことはいっぱいありますが、とりあえず一言だけ。
カプコンは訴えていいよ!

アジアグラフ2011(ロックマンアワード2011)レポート

 2011-10-25
さて、秋ロックと同日に、アジアグラフ2011のロックマンアワード受賞作品を合わせて見に行きましたので、その感想も。


【アジアグラフとは】
『アジアグラフは、アジア独自の多様な文化と、科学と芸術の融合が生み出すアジア独自の優れたデジタルコンテンツを更に発展させるために、世界の第一線で活躍するアジアの研究者とクリエイターが集い、先端技術の発表や作品の展示を行う、学術・芸術・展示が一体となった総合イベントです。』
アジアグラフHPより


展示はお台場の近く、科学未来館という施設内。
ゆりかもめ乗ったの、久しぶりだなぁ。

展示は「デジタルコンテンツトエキスポ」というイベント内に、アジアグラフのカテゴリがあり、私が目的にしていた「ロックマンアワード2011」はその一部ということになります。ややこしいですね((

というわけで館内には眼鏡をかけて3D映像を見たり、最先端テクノロジーが搭載されたエレクトリカルコミュニケーションな展示もありましたが、ロックマンアワードの展示は、その中の一角にありました。
優秀作品となった絵に加え、動画作品はエンドレス再生でモニター展示されていました。

イラストとはまた違いますので、切り口の違いが各作品に表れてて、なかなか刺激的。
最優秀作品は天井から漏れる光に、水と残骸があふれる地上との対比だったかな?
絵に対する素養がない私でも「ほう」となる感じで。

その他にも、映画化されたようなイメージで描かれた作品や、メカメカしい点を強調したもの、・・・20世紀ロックマンと題されたのはガッツマンもいましたねーやられ役だけど(;_;)

動画の方もバラエティあふれていて、コミック風、武士をイメージしたロックマンとフォルテの対決、CG駆使したロックマン新作想定など、良作が揃っていたと思います。


・・・言葉じゃうまく伝わりませんね(汗
入選作品は、後日アジアグラフの公式ページでも公開されるとのことですので、公開されたらぜひご覧ください。

秋葉原コトブキヤ・秋ロック2011ミニレポート

 2011-10-23
10月18日より、秋葉原コトブキヤでは、秋ロック2011が開催されています。

http://ameblo.jp/kotobukiya-hayamimi/entry-11050643914.html


【秋ロック2011とは】
プラスチックキットの制作元であるコトブキヤでの販促キャンペーン。
プラスチックキット・ゼロ用のセイバーのパーツがもう一つもらえ、さらに3,000円以上の購入で商品または特製缶バッチがもらえます。


ロックマンユニティのブログでは、どうやら10/22(土)にウッチーさんも来るらしい?
ということで、この時間に合わせて、私も行ってみることにしました。




(以後、当日の状況)
ウッチーさんは、と。
探す必要がないほど分かりやすいですね、いつもながら((
この日は売り物のTシャツを着用して、ブルースのお兄さんと一緒にコトブキヤ入り口、4Fの売り場で宣伝をしていました。

20111023_1.jpg


1Fでも商品が置いてありますが、抽選箱は4Fにあるようなので、行く人は4Fまで行ってお買い物しましょう。

で、さっそく私もドットストラップのおまけがついたTシャツとゼロのキットを買っていざ抽選。
ハズレ2枚と言っても、非売品でもあるので、ハズレの方が貴重ですからこれはこれでよし。
なお、この日に買った時には、過去のキャンペーンの缶バッチからも選べましたので、まだゲットしていなかったロールちゃんドットの缶バッチと今回のバッチを1つずつ貰うことができました。

キャンペーンは対象分が切れるまでということですが、この日のプラスチックキットの売れ行きもかなり勢いがあるようにみえましたので、おまけに期待している人は、早めに行ってくださいね。

20111023_3.jpg

海外だとスタッフ呼べるのかな。

 2011-10-21
アメリカでのサブカル系イベント「COMIC CON」にて、DASH3復活を目的としたブースが出展され、その場で、カプコンアメリカのスタッフを招いてのインタビューが行われたようです。

インタビュー内容について、日本語に書き起こされたものがありますので、
内容については以下を参照すると良いでしょう。


ロックマンDASH3再起動プロジェクトblog

http://rockmandash3.blog.fc2.com/


さらにざっくり書くと。

・これまでのDASH3開発時のアイデアは、もし再開発されれば使う可能性あるよ
・3DSのハードのつまづきと、DASH3の状況との関連はないわけじゃないけど、中止の理由はそれだけじゃないよ
・「開発室」は当たれば大成功、つまづけば大失敗の諸刃の剣だったね
・カプコンはロックマンを捨てたわけじゃないよ、でもシリーズごとの派閥の問題もあるし、新作作るのは難しいよ
・中止になったのはスタッフも残念に思ってるし、残念だからこそもう一度再開したいよ

こんな感じでしょうか。


それにしてもカプコンの中の人を呼べるとは・・・お国柄か主催者の行動力の賜物かは分かりませんが、驚きですね。

結構経つけどまだマッチングが成立する、という事実

 2011-10-19
流星2,3は思い出した時にwifi対戦接続して対戦やっています。

今に至っても接続すれば相手がいるってのも、ある意味すごいことですよね。
2からは4年、3からは3年経とうとしているのですが、休日とか夜の早めの時間とか、時間を狙っていけばまだまだ対戦を楽しむことができる今の状況。
対戦バランスが程よく、好きな人は良く繋いでいるってことですから、流星の対戦ゲームとしての質の高さの証明にもなっているのではないでしょうかね。

・・・やっぱり流星の対戦はいいですよ。
レベル差が激しいと勝ちっ放し、負けっ放しになってしまいますけど、実力が近いと、何回やっても飽きない・・・と思うのは私だけでしょうか。

たまには対戦をこれからやる人向けの、戦術論とか書いたら、喜ばれたりするかな?

岩本版X、フィギュア化決定?

 2011-10-16
バンダイ製のフィギュアが揃うイベント「TAMASHII NATIONS」。
来月に「TAMASHII NATION 2011」が11/25~27の間、秋葉原UDXビルにて行われます。

http://tamashii.jp/special/tamashii_nation/

公式サイトを見ると、見覚えのあるキャラクターがいますね・・・


---D-Arts エックス(コミックver)---

!!


岩本佳浩先生のエックスがコミックverという名称で、立体化!3,500円て値段まで決められていると言うことは、もう発売決定と見ていいのでしょうか?

【追記】「開催記念商品」ですから、会場での販売商品のようです。


既に発売されているエックスとの違いはあるのか?など、気になることはありますが、まずは来月のイベントをチェックしつつ、続報を待つことにしましょう。

キングオブマイナーロックマン?「洛克人の黄金帝國」

 2011-10-13
今回は、マイナーすぎる作品の紹介です。

ロックマンが海外で活躍するのは、MEGAMANとして北米を中心に、ということになりますが、一方で、台湾でも一定の人気があり、初代やDASH、EXEの本が出版されていたりしました。

その中に、ひっそりと発売されたロックマンタイトルがありました。
それが『洛克人の黄金帝國』です。

20111013_1.jpg

信じられないことにカプコンからライセンス受けて作っています。
中文タイトルなのに、なんでひらがなの「の」が入っているの?というツッコミもあるかもしれませんが、このあたりは日本語リスペクトの風もあったと思われます。

日本でも「○○’s」とか日本語人名に無理やり「’s」をつけるネーミングがありますが、多分それと同じです。

ゲームジャンルはアクションではありません。ボードゲームです。
ロックボードみたいなモノポリー系だとは思いますが、体力パラメータがあったり、よく分からないというか、ゲームとして単純につまらないのであまり深堀りしたくないというのが本音です(>_<)

詳しく知りたければ、私にリアルで出会う機会を見つけて、話を振ってみてくださいな。


秋葉原のコトブキヤ下見

 2011-10-11
コトブキヤでは10/18より「秋ロック」と題したキャンペーンが始まります。
秋葉原のコトブキヤは、ラジオ会館にあった場所から移転していますので、キャンペーン前ですが様子を見に行ってみました。

引っ越し先は、駅前にあった前の場所からだと、通り一つ渡った向こう側、レトロゲー好きであれば「スーパーポテト」の近く、と言うと想像しやすいでしょうか。
場所としては分かりやすい位置になっています。

店のレイアウトは、ゲームやアニメの各タイトルごとに分かれる形になりました。
カプコンゲームだと、モンハンだとかBASARAとか。
ロックマンもそんな集まりの中の一つにあります。


20111011_1.jpg


この日の私のミッションは、コトブキヤだけで発売されているTシャツをゲットすることでしたが・・・ロックマンのスペースもかなり広めにあったので、分かりやすかったですね((
8種類ありますが、そんなに買いきれないし、デザインの良し悪しもあるので、まずは欲しかった解剖図デザインのものを。
これは実物見てすごく気に入りました。


20111011_2.jpg

なお、Tシャツの中にはドットストラップの特別バージョンがついていて、それと一緒に筒に入って売られていました。
2種類あって、どちらが入っているかは筒のラベルで分かります。
ドットストラップが気になる人はこれらのチェックもお忘れなく。

ロックマンエグゼ2最高(3)

 2011-10-09
【バトルシステム】
2の特色でもある「スタイルチェンジ」。
戦い方に応じて特定の性能が強化されるのですが、タイプによって使えるか使えないかが分かれますね。
初期プレイ時はずーっとカスタムスタイル使ってましたが…。
でもどちらかと言うと大事なのは属性の方で、チャージショット性能や弱点に影響され、敵によっては大ピンチになることがあります。
属性狙えるならヒートでしょうかね。
最後にはサイトになるんでしょうけど。HP半分のデメリットがあっても10枚オープン+シールド機能が便利すぎました。


【問題点は対戦と○○】
一人でプレイすることを考えると、かなり快適なプレイができるようになっています。
強力なチップ、強力なプログラムアドバンスもありますので、チップさえ揃えられれば、通常プレイで詰まることはないでしょう。
その強力な攻撃パターンが仇になって、対戦は力押し、先に強力な攻撃をしたもの勝ちになっていますね。
後のシリーズで出たカットインもないですし、防ぐ手段がないという問題点がありました。
この時期は対戦の調整としてはまだ不十分だったと言っていいでしょう。

バグも若干残っていて、V2撃破時にエネミーサーチ使用でデータ吹っ飛ぶのと、あと有名なプリズムコンボがありました。
プリズムコンボは対戦で使わないという前提であればいいのであって、エグゼ2が難しい人には救済策ににもなっていましたので、これはこれでOKかな、と思いますが。

あとN2個人的な視点として。
ガッツマンは自エリアヒビ入れなど、攻撃パターンとしては良くなりましたが、チップとしては弱体化したのが、ネ。
1と2、比べるとガッツマンV3の攻撃力は100⇒90へ減ってしまうし、PAガッツシュートは500⇒400へ。

責任者でてこーい!
エグゼ3はもっと酷い扱いになりますが、まぁそれは別の機会に。


【総合的に】
ゲームとして見た場合、エグゼ2で大方のことが完成されていたんだな・・・と思いましたね。
対戦としての粗が残っていたのは事実ですが、続編でここまで完成度が高まっていれば、このエグゼ2が人気の火付け役になったのもうなずけます。
売り上げ本数的にも、1が20万本程度であったのに対し、2が約40万本と、倍増していましたからね。
エグゼ2の発売後しばらくしてアニメ放送も始まり、ここからエグゼ人気が急激に上がってきた、というわけです。


あと、最後に裏から闇討ちでつんつんされましたので、関連動画の紹介をば。

1つはニコニコで視聴者数が多かったのと・・・


あと、私が関わってたり関わってなかったりしたものを。


ロックマンエグゼ2再考(2)

 2011-10-06
その1からのつづきです-。

【ストーリー編2】

・ツンとデレの間で彷徨う炎山

みんなでキャンプ行く話があります。ダム爆破でクイックマンと対決する話ですね。
メイルデカオやいとと、いつもの面々で行くので、誘いのメールの返信がときたまくるのですが、その中に炎山からの返事も。

熱斗、炎山とはそれほど親しくなかったはずなんだけど誘ってたのか・・・
このあたりの人間関係はまだ固まってないというか、よくわからない状態でしたね。

で、メールのタイトルが「ことわる」
ストレートすぎます、炎山様。

しかもここで終わりません。
メトロでおくデンだにへ行ったら、炎山様いるんですけど。
断っておいて来るとは、デレたのか炎山様。

本当はダムの爆破事件を追っていてそれでたまたまということが後で分かるのですが、
くっつきたいのか離れたいのかどっちやねん。
エンディングではメイルを絡めて「いろんないみで」ライバル宣言してるし。


【音楽編】
アジーナは行って音楽聴くだけで切なくなりますねー。
ゲーム本編中は復興しなかったのでアジーナはプレイしている側もつらいです。

2のラストバトル前の音楽も、久々に聴いて滾りました。
ゲームを通じてやって、クライマックス時にあの音楽ですから、
いよいよ最後!てことで場面も込みで最高のBGMでした。

もう一つはWWWエリア。
OP曲アレンジであることが、また耳に残る要因。
ウラの黒基調の背景から白基調+「W3」デザインへの背景のビジュアル的変化との合わせ技で素晴らしかったですね。


移植されないゲームたち

 2011-10-03
Wiiのバーチャルコンソールや、PSにおけるゲームアーカイブスなどのおかげで、過去の名作も安価でお気軽にできるようになりました。

ファミコンなど古いハードは衝撃に弱く、ちょっとしたことで画面が止まって続行不可能になることもあるので、新しいハード上でできるのは恩恵が大きいです。

・・・で、気になるのは、ロックマンシリーズにおけるラインナップが中途半端であることです。
初代ロックマンは、Wii、PSともに5まで。
Xに至ってはWiiにX1が配信されているのみ。
(ロックマンワールドは3DSでの配信が始まったばかりで現在進行形なのでとりあえず置いておきます。)

古いハードは半ば封印状態になってしまっているので、新しいハードでできた方が・・・と思っているんですけどね。
私としても、PS3上でX2がやりたいのですorz





X2はカートリッジにカプコン特製のグラフィックチップ(CX4)が搭載された影響で移植が難しい面もあるのですが、海外ではPS2に移植された実績もありますから、やればできるはずなんですけどね。

初代ならロックマン7,8,ロクフォル,バトル&チェイスあたりはなんとか頑張ってもらいたい所です。
DASHやエグゼ以降でロックマンに興味を持った人に向けては、グラフィック的には7以降の方が馴染みやすいので、薦めるとしたら7以降なんですよね・・・。
これらのソフトも既に中古屋でも見かけることがめっきりなくなってしまいましたので、なおさら必要かと思います。


というわけで、カプコンは残りのタイトルも漏れなく移植するべし。

「ゲ音団」のCDにロックマン曲が

 2011-10-01
エグゼ2の続き書こうと思ったら、原稿を別PCに置き去りにしてしまいました(>_<)
続きは次々回あたりになりそうです・・・
というわけで代わりに昨日体験した話題を。



ゲーム音楽の演奏会 「4starオーケストラ」 のイベントが今週末に開かれているそうです。
10/2には カプコンサウンドコンポーザーも参加する ようで、なかなか大規模なイベントのようですね。

期間中はバンド、オーケストラ、ライブ色々な形式、色々な団体で演奏が行われるわけですが、その中の一つに「ゲ音団」というのがあります。

このゲ音団てのは、ゲームに携わるミュージックコンポーザー有志の集まったサークルで、・・・企業の枠を越えて、まぁいろいろやっているようです。

ゲ音団HP

このサークルが4starsオーケストラの演奏と合わせて、オリジナルCDの発売をやっていて、その中でロックマンミュージックの編曲も納められていると聞いて、会場へ行ってきました。
ホール会場からFF7の片翼の天使の演奏が漏れてきて非常に気になったのですが、まぁそれはそれ。
演奏中だったので客はいませんでしたが、休憩や終了後はおそらく忙しくなっていたことでしょう。
物販コーナーはチケットとか関係なく自由に入れますので、こちらでCDゲットしました!

ちなみに、私が行った9/30の夜にはメンバーでもある山田一法(IPPO)さんも会場にいましたネ((




↓収録曲については、こちらを参照してください。
http://www.2083.jp/4star/2011/1001geondan.html


ロックマン曲は2枚目の17トラック目。
ロックマンX3のサウンドを手がけた、山下絹代さんが、ピアノ演奏での編曲を行っています。
癒されそうな、落ち着いた曲です。

その他にも、各コンポーザーによるオリジナル曲、アレンジ曲が収録されています。
ロックマンにおける接点のある方で言うと、先に出たインティクリエイツの山田一法さんと、川上領さんが編曲した曲があったり、L-C-Rのイベントの主犯の1人、小渕世子さんの曲があったり、といったとこでしょうか。

とはいえ、全般的にはゲームとは切り離して、純粋に音楽として楽しむべきだと思います。




イベント内だけの販売となりますので、欲しい人は10/2までにイベント会場で買うしかありませんが、気になった方は足をはこんではいかがでしょうか。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。