スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ロックマンゆく年くる年2012-2013

 2012-12-31
今年はロックマン25周年の節目の年として、特に年後半に動きが激しかったですね。

ゲーム本体としては、3DSの普及に合わせ、ロックマンシリーズのバーチャルコンソールが6作目までリリース。
そして、初のソーシャルゲームでのロックマンとして、ロックマンXoverが、秋から配信開始となりました。

コンシューマーの新作がないのは残念でしたが…もしXoverが弾みになるなら、次の新作につなげてもらいたいな、と思います。

CDの方は、発売ラッシュでしたね。
25周年のロックアレンジ、テクノアレンジCDや、ROCKMAN HOLIC、We are ROCK-MEN、さらにはトランスミッション、サウンドE缶…ファンも追うのが大変だったのではないでしょうか。

年末には、D-artsロックマンや、R20+5発売など、造形やイラスト集も充実。
嬉しいリリースが続きました。




来年はどうなりますかね…
ファンとしては、やはり新作を望むところですが、こちらからも積極的に動く必要が出るような、決断の年になるでしょうか。

それでは、今年はこれまで。
来年もロックマンと「ろくめがまん。」をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

ロックマンXover配信から1ヶ月、現時点の感想

 2012-12-28
現在も継続中ですが、個人的に見たロックマンXoverの、今の作品への思いをまとめてみます。


■「ソーシャルゲームの枠にロックマンのキャラクターを入れてみました」

しばらくやってみて、これまでのソーシャルゲームのルールに、ロックマンの世界観をはめ込んだ、と考えると、このゲームの説明として十分成り立つような気がしてきました。

時間制ライフ。
ちょっとした自キャラ育成ゲーム。
「バトルメモリー」と名を変えた、キャラクターをカードに見立てたシステム。
そのバトルメモリーのための、ガチャたち。
バトルメモリーの合成。




見れば見るほど、よくあるソーシャルゲーム、なんですよね。


■ぶっちゃけると

つまらん。でもなんとなく続ける。
こういう点が、ますますソーシャルらしいです。

つまらないくせに、LVやデッキ構成でフレンドなど周りを見ると、なんだか負けるのが嫌で、ついつい続けてしまう。
ファンの目で見ても、多くの人は不満が多いようで、文句をかなり上げている人が多い。
でも、その文句を多くつける人ほど、なぜか一番頑張ってて、LVも高い。

この矛盾・・・これがソーシャルの魔力なんでしょうかね。


■作品愛は「?」でもこれで良かったのかも。

あと心配していたのは、(私から見れば)細かい落ち度をワーワー騒いで、ネガティブな空気を振りまかないか、ということでしたが・・・。

フタを空けてみれば、作っている方に作品愛がないのが早々に分かって、こいつらならもう仕方ないと、騒ぐ方も醒めていた感がありますね。

例えば、4属性あるシステムにして、それにボスなどを当てはめてますが、「?」となるところが多々あります。アルマージが水属性?カットマンが木?うーむ。

そしてよく出るカードで、DASHに出てきたシュー、アッポー、ダー、これらが「双子」「双子姉」というBMの名前にされていたのが、プレイヤーに製作側の力の入れ具合を気づかせる最大の要因だったのかもしれません。
ロックマンを知っていれば絶対にやらないことを平然とやってのける!
それにしびれないあこがれない。

・・・不幸中の幸いは、そういったズッコケがあったため、既存ロックマンシリーズと比較しての叩きがほとんど出なかったことでしょうか。
「これはソーシャルとして作られた別物なんだ」てことがいち早く伝わったので。


私としては、時間に追われる(PPが90分でたまる→90分したらすぐやらなきゃ!)のがおっくうになってきたので、次第にまったりプレイになりそうです。
面白ければもう少し違ってましたけどね((

クリスマス終えて

 2012-12-26
もはや冬の風物詩と言っても過言ではない、ヴァジュリーラ様のクリスマス絵が公開されました!

http://werou.com/

「メぇぇぇ~~~~りぃぃぃぃクリっスマぁぁぁーーーーーーーーーーースぅ!!ひゃーーーーはっはっはっはっはぁーーーっ」

ロックマンX3に出てくるヴァジュリーラFFとクリスマスの関係が分からない人は、岩本佳浩先生の漫画版「ロックマンX3」を見てみよう!
古本or復刻版でね。




ゲームの方は、Xoverの状況を見ている限りでは、ソーシャルに主軸を置くのでは…と思うくらい、こまめに更新が入っています。

ログインボーナスをいっぱい用意したり、新しいマスターボスの投入、課金通貨でのガチャ初回割引…テコ入れしている思いは伝わってきますね~。
(効果はあるかはさておき^^;)

WiiUとバーチャルコンソール

 2012-12-22
20121222.jpeg

イッツ衝動買い。
ソフトはまだない。

ようやく任天堂機もHDの時代になりました。
Wiiとの互換性はあるのですが、バーチャルコンソールのソフトはどうなる?

結論から言いますと・・・引越し可能です。

ただし、引越しは結構面倒なので、その時の様子をメモメモ。

【WiiU側】

・準備1・ネット接続できるように環境設定。
3DSと同じような形で、無線LAN接続設定。AOSS対応など、手早く設定できる機能がルータにあれば、それも利用可能です。

・準備2・本体のシステムデータを最新へ。
さらっと書いてますが、セッティングから含めると、2時間はかかっています((

・準備3・引越し用のSDカードを用意
容量圧迫してなければ、Wii本体に挿していたSDカードでもOKです

・ニンテンドーeショップへ。
WiiUのUIは3DSに近いので、3DS触ったことあれば分かりやすいかな。WiiUメニューから行けます。

・Wiiからの引越しソフトをダウンロード。

・引越しソフト起動。
ここで、一度SDカード上に引越しデータの器を作ります。
ここまでできたら、今度はWiiの方で操作。


【Wii側】

・WiiUに挿していたSDカードを抜いて、Wiiへ挿しなおし。

・メニューからニンテンドーeショップへ。

・こちらからも引越しソフトをダウンロード。
本体2台分やるってことですね。

・引越しソフト起動。
そうすると、WiiのセーブデータとダウンロードコンテンツのSDカードへの引渡し
が始まります。
UからWiiへは戻せないので注意。

移し終ったら、SDカードを抜き、さらにWiiUへ。


【再びWiiU側】

・SDカードをWiiUへ再度ぶっさし。

・引越しソフトをまた起動し、今度はWiiUへの移し変えを実行します。

・移しかえが終われば、今度こそ完了。


<引越し時の注意>
・2台とも起動させたまま引越しをしようとした場合、Wiiリモコンが混線しないように、WiiU操作用、Wii操作用、2つのリモコンが必要。
・センサーバーはWiiUにはつかないですが、WiiU上でWiiメニューをいじるときには必要なので、センサーバーをWiiから引っこ抜いて、WiiU側に繋ぎなおさないといけません。(本当は共有できるようなんだけど、私がやった時は上手くいかなかった)


引っ越しをすることで、WiiU上で、Wiiバーチャルコンソールのロックマン1~5,X1,X2、そしてWiiWareのロックマン9と10がプレイできるようになります。

2012/12/17、ロックマン25周年!

 2012-12-17
本日はロックマン25周年の日です。
ここをご覧になっている方にとっては既に知っていることも多いと思いますが、ざっと振り返ってみます。

25年前の1987/12/17。
ファミコン用ソフトとして、「ロックマン(1)」が発売。
発売直後はそこまで大きな話題にはなりませんでしたが、歯ごたえのあるアクションと、個性的なキャラクターを売りに、次第に人気を確立して行きました。

アクション路線は、初代ロックマン系統の他、1993年よりスタートした「ロックマンX」シリーズ。
こちらも、初代の100年後を部隊に、新たなアクションと、シリアスなストーリーとで、現在8作まで発売されています。

これより以降は、ロックマンの名を冠しながらも、アクションの枠を飛び出していくことに。
「フリーランニングRPG」と題されたロックマンDASH。
初の3Dアクションとして、独特な世界観と共に、根強いファンを生み出しました。

そして、2000年代に入ると、ネットワーク世界を舞台に、カードゲームとアクションの要素を加えた、「ロックマンエグゼ」シリーズがスタート。
ロックマンらしさを引き継ぎつつ、バトルシステムやシナリオが評価され、新たなロックマンとして、初の地上波アニメシリーズにもなる大人気となりました。

そして、アクション路線では、「ロックマンゼロ」(2002~)「ロックマンゼクス」(2006~)として、Xのさらに未来の出来事として、シリーズ展開。
作品ごとに新たなるチャレンジ要素を組み込み、進化を続けてきました。

エグゼシリーズの系統の作品としては、「流星のロックマン」(2006~)。カードバトルのルールを一部変更した上で、戦闘グラフィックの3D化や、新たな変身ギミックなど、DSのハードを生かしたシステムへと変わって行きます。

そして、今年はソーシャルゲームにも進出。
ロックマンXoverとして、新たなロックマンが登場しています。




25年という長い歴史を歩んできた「ロックマン」。
これからもロックマンには、多くのシリーズ、多くのゲームで、活躍してもらいたいですね。

25周年記念がまた一つ、いや2つ。

 2012-12-14
12/17(月)にロックマン25周年となるのは、これまでお伝えした通りですが、17日には、色んなことが起こる!


■25周年スティッカム配信!「ロックマン25周年!おめでとうを伝えよう」

http://www.stickam.jp/profile/stickun

17日の19:30-20:30に、ロックマンユニティのウッチーさん、イーカプコン内企画で活躍中のカナさんとでWeb配信されるとのこと。

ロックマンユニティへのコメント、またはtwitterで #ROCKMAN25 タグをつけてコメントをつけると、配信番組内で紹介されるかも?



■Street Fighter X MEGAMAN、PCゲームとして12/17配信!

ストリートファイターとロックマンが競演!
そしてなぜか8bitグラ!

海外の同人ゲームが元・・・らしいです。
8bit風グラフィックなので、対戦としてはどうか、ちょっと分からないですが、サプライズであることは確か。

こちらはプレイ無料のPCゲームとして展開されるそうなので、気軽にプレイできますね。
どんなキャラクターが使えるのか、対戦ゲームとしての出来は、などなど、気になるところが多いです。




ロックマンXover、今週以降の動き

 2012-12-10
■特典コードが様々な媒体に!

これまで出ている情報で、ロックマンXoverで使える特典コードが同梱されるものをリストにしますと。

・CD「We are ROCK-MEN!2」 → 8bitロックマン
・CD「ROCKMAN HOLIC」   → ゼロ
・カプ本 VOL.5(12/14発売) ※特典詳細不明
・ファミ通APP(12/19発売)  ※特典詳細不明

ことあるごとにバトルチップや改造カードをつけていた、エグゼの頃みたいですね。
入力期限もあるし、ためておけないのですが、こういった特典カードは、たいがいXoverゲーム中でも役立つ機会が多いので、余裕があればゲットしましょう。


■チームバトル、1週間を振り返って

勝ったチームにはRare+以上のバトルメモリー。月曜朝にもらえることになります。
負けた方にも一応、戦った分のボーナスとしていくらか、って感じですね。

チーム戦だと、1に組み合わせ、2にLV、2つがカギになるんじゃないでしょうか。
組み合わせが1番大事で、相手方に年中張り付いているようなプレイヤーがいたり、またはチームパートナーがあまりにやる気なしな状態だと、チーム戦勝利は難しいです。

LVが大事と言ったのは、設定される敵キャラが10,20,30と10単位で決められている現状から。

チーム戦時にエンカウントしたプレイヤーLVに準拠して決められているようなので、たとえば、プレイヤーLVが30と高いキャラが遭遇し、その他プレイヤー20代半ばであった場合、LVの高い敵といやがおうにも戦わざるをえません。

そうするとダメージもろくに与えられないわけで。

あとは時間と手数の勝負ですかね。PPは90分で全快してリトライできるので、90分タイマーをつけるとてっとり早いぞw
LVアップ時にはPPも回復することも忘れずに。
そういえば、ペア使用アイテム、いつの間にかなくなってましたね。なんででしょ。


■なんとなく携帯回線の使用は非推奨なような。

基本、スマホでやるゲームですが、お世辞にも外出時のプレイは推奨できないかな、と。
携帯回線(3G回線)だと通信量がおっつかなくて、以下のような事態によくなります。

・めくるめくロード画面
・OVER-1がステージを走っても走ってもザコが出てこない
・BM強化時の誤操作を誘発
・下手すればタイムアウトで切れる

そういえば私のあいぽん5じゃなくて4のままだったなぁ。機種のせいとも思えないですけど。
Wifiなど無線通信環境があれば、普通にサクサク進められますので、ソーシャルだけど家で動かすことが次第に多くなります。
モバイル端末の長所を殺してるなぁw
まぁ、そういう仕様ってことですね。


バーチャルコンソール「ロックマン6」配信決定!他

 2012-12-07
今日は雑記とニュースの詰め合わせ。

■VCロックマン6配信決定!既存タイトルも期間限定で100円引き。

3DSバーチャルコンソールのロックマン6配信が決まりました。
これまでWiiやPSPなどではプレイ出来なかった、6ができるようになります。

WiiやPSPが5で止められていた理由は未だ不明ですが、ともかくよかったです。
なお、25周年記念として、他のバーチャルコンソールのロックマンシリーズも、100円引きでダウンロードできるようになります。(12/12~1/7まで)

http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/vc/tbfj/index.html

まだダウンロードしていない人は、これを機にいかがでしょうか。


■「ロックマンXover」、チームバトルが12/3より開始

ソーシャルゲーム「ロックマンXover」ですが、12/3より、チームバトルが始まりました。
チームバトルのルールは以下の通りです。

・2対2のチーム戦。
・パートナーは自分で選ぶことはできず、月曜日前にランダムで決定。
・クエストの通常ステージを進むと、たまにチームバトル用の敵が出現(「!!」の表示)
・チーム戦はEPとは別のポイント、PPを消費してバトルを行なう。
・バトル形式はボス戦・マスターボス戦と同じくコマンド形式。パートナーとの2体で敵と対決する。
・PPは時間経過で回復、またはクエスト中の回復(武器エネルギーのシンボルで)。
 レベルアップ時は全回復。
 課金アイテムであるP缶での全回復も可能。

立ち上がり始めでバランスが悪く、改善して欲しい点がいろいろありますね。
あるレベルを境に、いきなり強くなる敵とか、組む相手を選べないことによる不満とか。
・・・私の今週のパートナーも、ほとんど動いてくれないですorz

自分が出会った敵は、他のチーム戦メンバーで共有ですので、おおまかな方針としては、チーム戦の敵にでくわしたら、他のキャラにポイントを横取りされる前に倒しに行く、ということになりますかね。


■「We are ROCK-MEN!2」続報

ロックマンユニティの記事では、12/19発売の「We are ROCK-MEN!2」収録スタジオ取
材の様子がありますが…

http://blog.capcom-og.com/rockmanunity/archives/6105702.html

収録曲リストも公開されています。
最新のXoverからも収録!DASH、エグゼ、流星のロックマンもあるよ!
それとケニーオメガの入場テーマも!

今回は初代ロックマンだけでなく、多岐に渡るシリーズで、バラエティ豊かな楽曲群となりそうです。
なお、サントラにはXoverで使用できる、8bitロックマンのアイテムコードも特典でつくことになりました。

同日発売の「ROCKMAN HOLIC」と共に、目が離せなくなりましたね。

ロックマンXover、ゲーム概要メモ

 2012-12-02
「ロックマンXover」、早速プレイをしてみました。
しばらくプレイしてみて、見えて来たゲーム概要について、メモを書いてみました。


■ゲームを始めるまで

・iTunesを起動し、App Storeからアプリダウンロード後、iPhoneなど対応機器に転送、または端末から直接App Storeに入り、アプリダウンロード。

・最初に起動すると、まずユーザーIDと「招待ID」の入力画面へ。
 ユーザーIDは他ユーザーと重複しない8文字で登録。
 「招待ID」は任意入力ですが、登録すると特典レアカード入手
  (1枚ランダム、特定の人数に達するとスペシャルカードが追加)
 迷ったら私のコードでも入れてくださいw 
 ( N2のID : D6QWB0I4 )入力時は半角。

・入力が完了すると、カリンカに起こされて始まるオープニングとチュートリアルが始まります。




■基本的な流れ

・行動力(EP)を消費し、クエストやボスに挑む。
 EPは時間回復、または課金用通貨(クレスト)で買うE缶を使うことで回復。


【クエスト】
・基本となる行動。通常はここを選ぶ。
・ショットでザコを撃破し、30秒程度の小刻みなステージを進んでいく。
・1回のクリアで、ステージの進行度が数%進んでいき、100%まで達するとボス戦へ。
・ボス戦はコマンド制。プレイヤーはショットorチャージショットを選択してバトル。
・ボスを撃破するとアーマーパーツが手に入ることも。撃破後はボスのレベルが上がり、またステージを進む状態へ。


【強化】
・キャラクターのイラストが描かれた「バトルメモリー」の強化や売却を行う。
・強化は強化素材と強化に使うメモリー、そしてゼニーが必要。
・メモリーの特性が一致していれば(カードに書かれた記号。「DEF↑α」など)、特性の強化もされる。
・クエストでメモリーはガンガン入るので、こまめに強化や売却が必要になる。


【装備】(強化メニューから)
・ゲットしたバトルメモリーをスロットにセットするコマンド。
・メモリーをつなぐライン間の属性が一致していれば、ボーナスラインが増える(具体的なメリットは確認中)
・コストの値を超えてのセットはできない。(コストはレベルアップ時に拡張できる)
・最初は5枚セット可能なアーマーしか選択できないが、新しいアーマーを手に入れることで枚数やラインつながりの違う別のアーマーが使用可能。


【ガチャ】
・クエストの他に、このガチャでもバトルメモリーをゲット可能。
・ゼニーを使う「ノーマルガチャ」、クレストを使う「プレミアムガチャ」、チケットを使うチケットガチャの3種。
・課金の要素は「プレミアムガチャ」を使う場合。
・10+2など、まとめてやることでより多くゲットすることが可能。


【フレンド】
・フレンド登録により、他プレイヤーのマスターボスへ応援しに行ったり、逆に応援してもらうことが可能になる。
・クエスト中に出るプレイヤーに申請するのがもっとも簡単な方法。
・知り合いがいれば、「フレンド」メニューから教えてもらったIDを登録することでもフレンド申請可能。
・自分のIDは「フレンド」→「フレンドを探す」で参照ができる。




■課金関係について

・ダウンロード無料、ゲーム内通貨を買って特定要素に使うというシステムなので、バトルメモリーの内容や、ゲーム進行速度にこだわりがないなら、支払いなしでもプレイが可能。
・よって課金関係のシビアさは、他ソーシャルと比べると現時点はぬるめ。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。