【番外編】ブラステ/Bloodstained:Curse of the Moon

 2018-06-17
ロックマン11の発売日が10/4に決まり、あとは待つだけですね!
動画やインタビューでもかなり練られている感じですので、非常に待ち遠しいです。



ですが今回はちょっと外れて、同じ2Dアクションゲームについてです。

先月に、インティクリエイツより、悪魔城ドラキュラのゲーム性と類似したゲームがダウンロード専用のタイトルとして配信開始されました。
Bloodstained: Curse of the Moon
環境はswtich、3DS、PS4、PSVita、XBOX、PC、現行ハードをほぼ網羅しています。

公式サイト
http://curseofthemoon.com/jp/


ゲームと内容を短く説明しますと。
移動や攻撃方法など、異なる特性を持つ仲間4人を切り替えながら、ラスボス撃破を目指す、昔ながらのステージクリア型2Dアクションゲームです。

大本のモチーフをFCの「悪魔城伝説」とし、あとはコナミワイワイワールド(FC)、ロックマンシリーズ、月風魔伝など、FC時代のアクションゲームのいいとこ取りをして1本のゲームにまとめた感じです。



ファミコンのアクションと言えば、とかく難しい印象もありますが、クリアだけなら非常に楽です。
残機無限、吹き飛びなしのカジュアルモードで進めば、穴に落ちる危険も少なく、ステージリトライとなる条件は、「現在操作しているキャラのライフがゼロになる」ことですので、1人が危なくなったらキャラを切り替えれば良く、実質のライフは4倍となっています。

ミスをしてもそのキャラのみ使用不能になって再開という仕様なので、再開のハードルは低く、またぶっちゃければ、1人ミスしたら他の3人が自害して4人フル回復でリトライする手も取れます。
どのように進めるかは、プレイヤーの裁量に拠るところが大きいですね。

ボス戦ではパターンを覚えて回避するテクニックが重要で、ここらはロックマンの影響が強いです。
ノーマルモードであればごり押しも可(笑)

そんな感じで、慣れてきたら、移動は飛行やスライディングなどでショートカットしつつ、スピードクリアを目指す方向になるでしょう。
斬月がフルスキルの状態になると、ロックマンゼロやガンヴォルトのようなスタイリッシュスピードアクションと化します(汗

触ってて楽しいゲームですので、ロックマン11の前に是非やってみるといいですよ!



余談ですが。
Bloodstainedの本編は探索型のドラキュラ(月下の夜想曲以降の、移動手段を徐々に増やしながら探索範囲を広げ、ラスボスを目指す方式)であり、こちらはスピンオフ作品。

外伝の方が先に出てしまうとは。
本編の完成を待ちきれないファンの飢餓感を抑える側面も見え隠れし、進行度合いが危ぶまれますね・・・。
まーだ時間かかりそうですかね~。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rockmega.blog40.fc2.com/tb.php/1062-58c64ad4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ