スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

漫画家に恵まれないとシリーズ的にはおおごと

 2009-01-09
前回の続きのような感じで、エグゼより後の漫画にも触れてみようかなと思います。

流星のロックマン : 板垣雅也

板垣先生の流星のロックマンは、どちらかと言うと不評でした。
鷹岬エグゼの延長を期待していたら、やたらがさつなウォーロックがいたり、絵柄も全然違う、話はゲームとはうって変わって熱血路線。
流星をエグゼの後継作としたら、その変わり様は読者に「異端」と思わせるには十分だったでしょう。

ただ、私としてはあまり板垣先生を責める気にはなれません。
責めたいのはむしろ、板垣先生を流星の漫画の作者と決定したコロコロの方です。

板垣先生は流星がコロコロでの初連載作ではなく、その少し前にマスカレードとかいうタイトルで連載を持っていました。
能力系のエッセンスが入った、ジャンプによくありそうなバトル漫画だったのですが、その中でもひたすら一直線、熱血系の話を繰り広げていました。

その前作も読んでいて、コロコロ漫画の中では比較的お気に入りでもあったのですが…。
板垣先生が流星の連載をすることを知った時は「雰囲気に合わないんじゃないか」と思い、そして初めて見た時の印象は、「前のとノリが全然変わっていない…」でした。

多分、作風を変えられないということでしょう。絵の節々からも、作者も「自分の道を変える気はねえ!」といった空気を感じさせるものでしたし。 板垣先生はゲームマンガではなく、オリジナルの漫画の方が才能を生かせるタイプだと思います。

ですので本当だったら、コロコロの編集部の方が、前作の鷹岬先生の絵柄とギャップが少ない、他の漫画家に依頼すべきだったのでは、と思ってやみません。他の並以上の漫画家であれば、エグゼとの落差に戸惑うこともなかったはずです。
…流星1のストーリーが終わった後も作者を変えられず、遂には迷走してしまった様を見るといたたまれなくなります。

本当惜しいです。ロックマンじゃなければ普通に読めたのに・・・。


ロックマンゼロ : 舵真 秀斗

正直余り触れたくないですね…。あれはロックマンではなく実は□ックマソでしたと言って黒歴史にしたいくらいです(汗
一言で言うと原作クラッシャー。せめてゲームを一通りプレイしてから描いて下さい。


ロックマンゼクス : おぎのしん

こちらは未購入のため詳しいことは言えません。
絵柄はゲームのよりやや可愛くなっていますが、その絵柄がハードな世界観のZXと適合し、受け入れられるかどうかで評価が分かれると思います。
また、これが日の目を見る機会がほとんどないところに、コロコロとファミ通DS+Wii、出版社の力の差を感じさせられます。

コメント
ゼクスの漫画に関しては、舵真ゼロの百倍アリだと思います。
連載時と単行本で台詞やコマ割りが微妙に違いますが、基本的にファミ2コミックで毎回入るあらすじ説明部分を省いてその分ちょこちょこっと書き下ろしといった感じで、展開としても決して悪くないです。
…それだけに、アドベント入ってからの路線変更→迷走の挙げ句打ち切りは見てて悲しい物がありました。
板垣流星と事情が被ってる気もしますが、バトル路線で突き進んでたら高評価になったと思うんですよねー。

プロメテの「まあいいさ、まだ…次がある」って次ねえじゃんよとツッコミ入れずにはいられませんが、続編ない物と思えばかなり良作です。
機会があれば是非読んで下さいな。
【2009/01/09 01:11】 | YUKI #- | [edit]
自分はアリですね、ええ。
マァ、最初見た瞬間『設定ちげぇ!!ゲームクリアしてから描けや!』と思った一人ですが、無印ロックマンの漫画もオリジナルな設定話もあったし(例:ロックマンサッカー等)
乙女ゼロがクールゼロになる設定は変身もの見たいで、子供向けには向いていたカモ。戦闘シーンはけっこー評価出来ル。チェーンロッド(一部のプレイヤーには悪魔の武器?とも)で敵をカッコ良く倒すのはポイント高イ。
但し、そのΩに続く話が完璧なギャグ路線になったのは今でも『???』デス
マァ・・・怖がりなΩは純粋に楽しめましタガ。

おぎのゼクス
かなり忠実でしたね。もう…文句ないですけど・・・あるとしたら~・・・エールを主人公にしろ!!くらいデス
アド弁当は観てないから評価できまセン

最後に

舵真シエルの性格が兇暴とな?HA!HA!HA!
問題無!むしろあれがデフォでry
【2009/01/09 15:49】 | NOKDESU #/bRx.BK6 | [edit]
流星シリーズの漫画は、やはり編集部のミスですよね。
あれだけ気合いのこもったオリジナルの連載を打ち切ってまでやる必要はまったくなかった。
板垣雅也さんは将来性のある、才能溢れた漫画家さんだと思うので、これにめげずに、がんばってほしいです。
おぎのさんのゼクスはバトルシーンに出てくるライフエネルギーゲージがよかったですね。
僕はゲームが下手なので、あと1メモリのゲージなんかが出てくると、もうそれだけでハラハラしていました。
【2009/01/09 20:44】 | 暁ハーゴン #jtw.gl9w | [edit]
皆さん、熱い意見ありがとうございます。

>YUKIさん

ゼクス漫画はなじみが薄くて単行本も高めだったので様子見だったのですが、聞く限りですと良作のようですね。
というわけで購入決定!amazonかどこかで買って読んでみますね。

>NOKDESUさん

確かにサッカーもゲームがトンデモストーリーだったり、有賀先生のオリジナル話があったり、色々ありましたねぇ。
ゼロはあれでもまあ有りかもしれませんけど、作者さんがゲームをろくになってないことをHPで言ってしまった時があって、それ以来どーも好きになれないです。
そしてオメガ…あれはヒドイ(苦笑

>暁ハーゴンさん

板垣先生は次号から新連載が控えていますので、そっちに期待してます。
それとおぎの版ZXは、ゲージが出るんですか…。やられそうな絵はよく見ますが、ゲージで表したってのは珍しいですね。
こちらも興味が沸いてきました。

【2009/01/09 22:31】 | N2 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rockmega.blog40.fc2.com/tb.php/213-fc740d23
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。