スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

バカゲー専科風レビュー スーパーアドベンチャーロックマン(前編)

 2010-10-21
少し前にバカゲー専科風レビューとしてロックマンX5を解説していましたが、今回はその第2弾にあたります。
書いていったら長文になってしまいましたので、2回に分けてお送りします。



稲船さんが設定資料集R20でこのソフトに触れたとき、「ホントスマンカッタ」風なコメントを残していたり、さらにイラスト担当の石川ヒデキさんからも「想像しながら云々」とストーリー知らずに描いていたように受け取れて、なんだかスタッフからも目をかけてもらえなかったように思えるスパアド。

ある意味ロックマンの設定を考えずに放置プレイでゲーム製作させたらこうなる、っていういい見本となってしまいました。それ故にツッコミどころが多すぎる作品となっています。




南米アマゾンで巨大遺跡群が出てきて機械を狂わす電磁波発信されてるし、電磁波の影響でロールは倒れるしであら大変。
調査の為遺跡へ向かえ!てのがスパアドにおけるロックマンのミッションです。

スパアドはゲームの構造からしてかなりぶっ飛んでて、通常はアニメーションで話が進み、テキストアドベンチャーのように時々選択肢が出現して物語が分岐。また、リアルタイムでボタン入力が必要になる場面もあり、バトルは3Dシューティングで話が進む、という構成です。
知らない人には説明じゃピンと来ないですね。独特なゲームですので、実際にプレイするか動画でも見た方が早そうです。

一応お手本にしただろうな、てゲームに、PS1末期に発売された「やるドラ」シリーズや、もっと昔だとレーザーディスクを使用した「タイムギャル」がありますが、微妙にイメージが伝わらない気がするので省略。
これらに似たジャンルがその後出なかったのを見ると、やっぱり人気でない系統なのでしょう。
よく作ろうと思ったものだ。
雪山を全裸で登るくらい無謀な行為です。誰か止めろよ。





初めて起動した時は8のOPも使われているし、演出がアニメ番組っぽくて期待しながら進める…と思いますが、初っぱなから少しずつ怪しさが見え隠れします。
最初の選択肢が、モニター画面を見て驚くライト博士に対し、

「振り向く」
「振り向かない」


それ選択肢にするところじゃないよ!振り向かなかったらどうするのよ。
ちなみにライトさんディスる選択をしても説明が省略されるだけです。




少し前に遺跡に調査に行ったワイリーが関わっているのではないかということで、ロックマンが先に遺跡に向かいます。
ライト博士も「直接手助けはできん、だからアイテムボックスに入れて空から投げるので後よろしく」とか言ってますが、やっぱり理屈が分かりません。
行く前に渡せよ。ストックできるんだから・・・
百歩譲ってE缶はともかく、情報カード(ボスの弱点などが書かれたカード)なんて、そもそもいらない気がするけど。
終盤の敵以外はこれまでの初代ロックマンに出てきた敵だから、データだって把握済みダロ。忘れちゃったんでしょうか。


最初はザコが襲ってきますが、進むに従ってかつてのワイリーナンバーズが登場するようになります。
最初はメタルマン。敵のメカやロボは電磁波の影響など全然ないようですが、これもワイリーの技術の賜物なんでしょうか。
こんな感じで妨害すべく2・3のワイリーナンバーズが出撃していて、この先はボス戦を交えながら進みます。


2,3ボスが相手なのにチャージショットが使えたり「ん?」と思う点もありますが、時代的にスーパーロックバスター開発後の4以降なんだということにしておいてそのまま進めましょう。
バトルはカーソルを敵シンボルに合わせて攻撃を当てる形式で、通常コントローラーでやるガンシューティングに近いプレイとなります。
ザコ戦はともかくボスの多くは攻撃が激しいので連射命。
かなり長い間連射が必要なので連射パッドが欲しくなります。


基本的に負けたらそれまでですが、一部のボスバトルではブルースや他のライトロボたちが救出してくれます。
助けるだけで一緒に戦おうとしないので、チームワークあるんだかないんだかよく分かりません。
それに救出した後はこぞって撤退を勧めてきます。
「あとは俺達に任せて、一度研究所に帰れ」的なことを言うので、そうしたら一度体勢立て直すか・・・としたら。

ロールちゃん死亡確認。地球が変色してゲームーオーバーになりました。

( ゜Д゜) ・・・

( ゚д゚ )

地球滅亡かよ!
ワイリーも道連れなんでしょうか




なお、攻略的な点で見れば、リトライする時には体力が全快しているので、わざとやられてE缶を節約とするのも手ですが、そのバトルも、ゲームやってるうちに、「この場面だとどういうやられパターンなんだ?」「誰が助けに来るんだ?」とわざと負けを選ぶようになっているはずです。
ロックマンをいたぶるプレイヤー…Sに目覚める人が続出したとかしないとか。

そんなこんなでディスク1の終盤、クイックマン登場。
ロックマンの「ワイリーは騙されている」との説得により、クイックマンはやや心が揺れ動きますが…
とどめをささないクイックマンに対し、シャドーマンが現われ、ロックマンを狙います。

Q: ここでクイックマンが取った行動とは?
A: 体を盾にしてロックマンをかばう。そしてサヨウナラ

( ゚д゚ )

え?なんで?
さっきまで戦ってたし友情が芽生えるような場面もなかったのですが。
実はこの2人デキてたんじゃないかと疑ってしまいます。
公式でそんな設定だったら嫌だろうな…


こんな感じでプレイヤーを混乱に陥れながらプレイが進むことになるのでした。
(続く)


後編へ
コメント
最近になってブログ拝見させてもらってます


当時、小学校低学年だった私はすんなりスパアド受け入れてました(笑)
いま思えば凄い設定ですね
少し前にセーブデータ無しでディスク3をプレイしたのですが、ラスボス固すぎでした
もはや連打ゲーですね
何度もリトライして汗だくになりました(笑)



更新楽しみにしてます
頑張ってください(^^)
【2010/10/21 11:58】 | カワズ #1oY9yXz. | [edit]
>カワズさん

初めまして、N2です。

やっている時はあまり細かく見ないんですが、振り返ると変な設定が多いので整理するとすごいことになってきます
ラスボスは連射きつかったですね((

これからも見に来て貰えれば幸いですm(_ _)m

【2010/10/21 23:59】 | N2 #- | [edit]
どうもご無沙汰してます。スパアドすっか・・・。まぁアニメで動いてる(クオリティは別にして)ロックマン達を見れる事に関してはいいんですけどねぇ・・・。

選択肢と言えば、敵が襲って来たときに選ぶのが遅れるといちいちロックマンがうわーとか叫びながらスローモーションで吹っ飛ぶアニメが挿入されるのがウザかったですよw
【2010/10/22 23:31】 | スカルフェイク #- | [edit]
>スカルフェイクさん

スパアドはゲームとしてはあまり良くはないですけど、アニメとしてならいいかな・・・て思っています。後で少しそこにも触れますが。

スローモーションで吹っ飛ぶ、というとダメージ受ける時のあれですか。何回も同じの使い回しでしたから、2回目以降は「またこれか」てな気分になるのは誰もが思ってたことだったんですね((

【2010/10/23 10:46】 | N2 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rockmega.blog40.fc2.com/tb.php/648-05d6adf5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。