スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ロックマン悪役名鑑1 Dr.ワイリー

 2012-01-17
ロックマンシリーズに登場する「悪役」に注目して、今後不定期にキャラ語りをしてみたいと思います。
各シリーズ1人紹介基本で、その他で少し追加する、という構成で行きます。



■Dr.ワイリー  土下座こそがアイデンティティー

ここでのワイリーは初代のものであり、DASHやエグゼなど別世界のワイリーは除いて考えることを前置きして、話を進めます。

ワイリーは初代の世界観を反映して、シンプルな悪役として描かれています。
目的も単純明快、「世界征服」。
征服して何がしたいという、その先のビジョンは何も明らかにしていません。
もしかしたら、ワイリー自身もその後何をするのか、考えていないかもしれませんね。

世界征服以外の目的を敢えてあげるとすれば、Dr.ライトへのコンプレックス、劣等感の払拭、でしょうか。
ローバート大学ではライトが主席でワイリーが次席。
同じロボット工学でも、世間での評価ではいつもライトに及ばない。
このことがワイリーの性格から、いかに我慢できないものであったか・・・想像に難くありません。
第1作で、自作ロボットではなく、ライト作ロボットの改造という手段に出たのも、相手を蹴落とすという、ライトへの当てつけの意味もあったのだろうと思われます。

そこから番外編も交えつつロックマン10まで行くわけですが…。
作品が進むにつれ、ワイリーは変わって…行きません。ホログラムがばれて土下座、ガンマを壊されて土下座、Drコサックを利用しても最後は土下座、偽ブルースを使う作戦に失敗して土下座、ミスターX(以下略)、脱獄して(以下略)、悪のエネ(以下略)、キングに(以下略)、過去映像を見せられつつ(ry、風邪ひきながら(ry ・・・

土下座はすなわち、ゲームクリアの印。
ワイリーはいつもやられて土下座するために頑張っているのです。
バイキンマンや時代劇の悪代官と同じように、「懲らしめられる悪」としてワイリーは今日も行く。


<補足:メガミックスでのワイリー>
有賀ヒトシ先生の「ロックマンメガミックス」シリーズでは、マンガ版のアレンジが効いており、性格の面でかなり深堀りがされています。
自分が作ったロボットへの愛着、強敵に立ち向おうとするロボットの意志を尊重する姿・・・
「悪」ではあるものの、カッコいいところも見せてくれます。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rockmega.blog40.fc2.com/tb.php/853-fbace805
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。