スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ロックマンエグゼ4.5とは何だったのか(前編)

 2012-01-25
エグゼの番外編としては、4.5が一番好きなので、4.5にスポットを当ててみます。
目的や遊び方、そして実際はどうだったか、前後編で振り返ります。




■ダイレクトの操作を禁止し、ナビをオペレーションする感覚を楽しむ。


エグゼ4.5の副題は「リアルオペレーション」。

通常シリーズでは、オペレーションとは言っても、チップ発動や移動ラグはゼロなので、ロックマンに命令して動かすというより、ロックマンを直接動かす形になっています。

でも、ナビとオペレーターが独立していると考えた場合、指示受取からアクションまで、多少なりともその行動にラグが発生するはずです。
そのもどかしさも含めて、「リアル感」を出そうとした、と私は考えています。

ナビの特性を理解し、ナビにあったチップ発動命令を行い、ウイルスバスティングする。
的確な指示が必要という点で、オペレーターの腕が問われる、ということになります。

(例えば、ウッドマンとかは動きが鈍重なうえ、パネル間移動はジャンプなので、オペレーションは非常に難しい)





■PETを所持しナビと生活する・・・「ラブプラス」の先駆、「ナビプラス」


エグゼ4.5のもうひとつの柱は、ナビと一緒のいる感覚の再現です。
4.5では、初期4、追加9、チップによる追加8、合計21体のナビが選択できます。

ナビごとにHP成長パターンやバトルの感覚が違いますが、重要なのは、21体分のセリフパターンが多数、用意されていることにあります。

挨拶やオペレーターとの会話パターンは、基本的にどのナビでも一緒ですが、しゃべり方については、すべてのキャラが違うものになっています。
これにより、ナビと会話しているということを鮮明にプレイヤーに感じさせることに成功しています。

また、ゲームとしては不必要ではありますが、簡単なスケジュール登録機能があるのも、GBAをPETに見立てて、共に生活するという考えがあってのことでしょう。

トーナメントが週末開催であったりと、カレンダーを意識したゲーム進行になっていたのも、日常生活の中でのナビ、という出発点があってのことからかもしれません。





後編では、4.5独自のアプローチに対しての問題点や、一般的な評価などに触れてみます。
(続く)


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rockmega.blog40.fc2.com/tb.php/857-a7cfca8b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。