スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

対戦における開発者の意志

 2012-05-20
ロックマンエグゼ、流星のロックマンでは、最初それほど意識されていなかった対戦の要素が、後になる作品に従ってチューニングの跡が見られるようになっています。

詳しく説明できるのは流星2,3ですが、その他は想像で補って、振り返ってみます。

エグゼ1,2はベースのカードバトルアクションのシステム構築に力が行ってて、チューニングまでにはまだまだ。
強力なカードが複数選択可能だったり、対人戦の駆け引きができる環境にはなかった感じ。

エグゼ3のナビカスタマイザーの登場で、ようやく対戦における下地が、一定の完成を見た感じでしょうか。
・選択カード枚数制限
・カスタム枚数の微調整
・ナビカスにおけるエアシューズ、シールドなどナビカス用アビリティの装備とHP・バスター強化のせめぎあい

これらのカスタマイズ機能の拡張で、奇跡的に対戦に適したバランスを生み出すことができました。
ここまでは、こういう対戦の展開にさせよう、という意志は、少なくともゲーム上からは見られません。

--------------------------

エグゼ4・5で、明確に「開発者の描く対戦像」が見えてきた気がします。

「プレイしていると、ソウルユニゾンするとこれだけメリットが出るよ、だからユニゾンのメリットを変身して戦おうぜ」
開発者の意志としてはこんな感じでしょうか。

ところが実態としては「選択肢は広がったけど、制限も多くしました」。
別のところから削ぎとって、つけたしたので、自由度は広がっていない、そんな印象です。

スタイルチェンジの属性弱点がなくなったのは良いのですが・・・。
善悪のベクトルと、ソウルユニゾンの登場で、タイプが細分化された結果、やろうとするユニゾンで強化できるチップが限られる⇒フォルダの構成が、得意とするユニゾン間では他人と変わらなくなる。

エグゼ6でノーリスクでできるクロスで解決されることになりましたが、もしかしたら開発側もその圧迫感を感じての措置だったのかもしれませんね。

--------------------------

流星のロックマンの方は、1が一番よく分からないです。
スターフォース3種、これもパワーアップを伴う変身の推奨という意味があったかと思いますが、属性弱点2倍ダメージを流星1でも実装してしまったため、変身のメリットが微妙なものになってしまいましたね。
…エグゼもそうですが、初期は荒削りな部分が多くて。

で、2になってようやく対戦の方にもある程度調整の手が入ります。
結果どうなったか。「暗転カードのカットインを読みあって、トライブキングを目指しましょう」
簡単に言えばこういう仕組みになっていますね。

ステータス防御がなく、マヒプラスやパラライズステージが非常に効果的で、氷結、泡、マヒなんでもいいから相手を封じ込めましょう、守る時もインビジ、オーラ、罠をカットインで使ってかわしていきましょう…という感じかな。
カットインが何回も入るのは、流星2ならではですね。いいか悪いかはともかく。

--------------------------

そして3作目では暗転カード主力の前作を反省して「ウォーロックアタック至上主義」となります。
…極端に飛んだ印象ですが。

ノイズ率上昇、特にファイナライズにつながる200%超えはウォーロックアタックなしには出来ないようになり、その後押しとして攻撃中無敵のウォーロックブーストを用意。
ノイズ改造ギアでRストレートフラッシュをオートロックオンにしたり、非暗転でガンガンノイズ率を上げておけ、という意志を感じます。
暗転カード主体でも十分戦えるので、バランス的には3が一番良いようですが。

非暗転主体になって困ったのは、カウンターが発生しやすくなった(プレイヤーが狙っていない所で)ことでしょうかね。
展開に納得いかないケースが増えてきたようです。

--------------------------

新しいゲームシステムを作りながら、対戦の方にも注意を向けてソフトを作っている、ということで、作品ごとに製作側が何を考えていたのかに着目すると、また違った側面が見えてくると思います。

コメント
私に良い考えがある!
流星3の戦闘システムを1と2にぶち込んだリメイクで汚名返上しよう!(提案)

流星1の対戦はリアルブライ状態だったので経験ないんですが
2の対戦も3の対戦も破綻なく十分楽しめる内容だったと思うんですがねえ
ブラザーの下準備をするのは面倒でしたが
今の不人気ぶりを見るにため息しか出てこない……

微妙に記事の内容とズレてますね、すいません
【2012/05/20 22:13】 | #mQop/nM. | [edit]
欠点も見られますが、流星2,3は対戦バランスはどちらも悪くはないですね。
一番の問題がブラザーバンドのシステムてのがなんとも。

人気が維持できていれば、流星3もさぞ盛り上がったろうに、と思うと残念でなりません。

【2012/05/21 20:51】 | N2 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rockmega.blog40.fc2.com/tb.php/914-1fdd32bb
  • まとめtyaiました【対戦における開発者の意志】【まとめwoネタ速neo】
    ロックマンエグゼ、流星のロックマンでは、最初それほど意識されていなかった対戦の要素が、後になる作品に従ってチューニングの跡が見られるようになっています。詳しく説明できるのは流星2,3ですが、その他は想像で補って、振り返ってみます。エグゼ1,2はベースの...
【2012/05/20 14:07】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。