ワンフェス2015冬、ロックマンガレキ出展ディーラーまとめ(頒布物編)

 2015-02-02
前回記事の続き。

こちらでは、頒布作品の個人的な紹介となっています。
数多くのディーラーさんの作品が一同に会する姿は、会場で確認してくださいね!

写真等は、HOBBY★ROCK-ホビロック-のサイトにて確認シタマエ!
http://hobby-rock.jp/



【MADHANDS】
■アイリス ・ ソウルイレイザー Ver.
Xの名キャラであるアイリス。GB版のソウルイレイザーをモチーフとしたアイリスです。
GB版アイリスはもちろん初立体化。

■ヴァジュリーラFF
ロックマンX3より、ヴァジュリーラです。岩本先生の漫画版の印象が強いキャラで
すが、古代日本を彷彿とさせるデザインをあますとこなく再現しています。
パッケージはなんと岩本先生描き下ろしとなるようで、その点にも期待です!


【我流舞創戦】
■GRM-EDGE.ゼロ
人気のロックマンゼロシリーズのゼロです。
ボディへのダメージがかなり大きい、激闘を経た姿がリアルですね。


【山泰国】
■1/6 妖将レヴィアタン
過去にもレヴィアタンを製作していた山泰国さんですが、パワーアップして帰ってきました!
私などは、サンプル写真、つい胸に目が行ってしまいます。ここもパワーアップ?w


【部長部】
■フラッシュマン
シリーズ通じて人気の高いロックマン2より、メガミックス版のフラッシュマンです。
メガミックス版ですので、本家より凶悪な表情ですね。
でもこの不敵な表情こそメガミフラッシュ。

■シャドーマン(再)
ロックマン3より、シャドーマンのメガミックス版です。再版。
メガミックス版設定のため、右目を閉じているのにニヤリとしますね。


【CROSSOVER!】
■フォルテ
初代ロックマンの元祖ライバル、フォルテです。
サンプル写真を見る限りですと、可動を意識したキットになると思われます。

■リングマン(再)
ロックマン4での人気ボスの1体ですね。
メガミックス版リングマン。原作では一部ギャグ要素もありましたが、こちらはクールさを
全面に出した形となります。これも可動式でしょうか?


【Planeswalker】
■スーパーロックマン
ロックマン7での、ラッシュとの合体形態、スーパーロックマンです。
ギガミックス版のようですね。
合体ゆえに、かなりデザインが複雑だと思われますが、どこまで再現されているかが
ポイントだと思います。

■デューオ
初代8登場のデューオ。
デューオの重量感をどこまで表現できているか、楽しみですね。

■SDカットマン
ロックマンロックマンでのカットマンをモデルにしたSD形態です。
かわいさを全面に出したデザインになっていますね。


【紳士慟迷】
■百念の狐毒 キュービット・フォクスター
ロックマンゼロ3より、狐モチーフのフォクスター。
紳士慟迷さんの新作です。
過去にもロックマンゼロシリーズのボスを手がけているだけあり、今回のフォクスターも、
特徴を捉えた安定の出来だと思われます。

■曼荼羅火砕竜 ブレイジン・フリザード(再)
同じくロックマンゼロ3より、氷ボスブレイジンフリザードです。こちらは再販。
、フォクスター他とゼロ3ボスと並べたくなりますね。

■殺刃祈祷師 デスタンツ・マンティスク(再)
ロックマンゼロ3より、更にもう1体。
鋭利な刃物を彷彿とさせるボディデザインに注目です。

■能鰻雷神 ヴォルティール・ビブリーオ(再)
こちらも再販ですが、ロックマンゼロ3ボスはこれで4体の出展です。


【嗚呼っ!でんつーもけん】
■パンテオン・コンパーチブルキット
過去のワンフェスでロックマンプラスチックキットへのアタッチメントパーツを頒布して
いましたが、その改良版でしょうか?
であれば、こちらはロックマンプラスチックキットを素体として、パンテオンが作れる、
ゼロファン注目のアイテムです。

■アステファルコン
ロックマンゼロ1に登場したボス、アステファルコン。
空中戦に長けたボスでしたが、このキットでも、ゼロらしい前衛的な、戦闘機風の
デザインを再現しています。


【KID'S COMPANY】
■エール/モデルX(再)
ロックマンゼクスより、エールのモデルX。
過去にもこのエールを出展していますので、再販となっていますが、細部の改修を
行っているようです。

■ヴァン/モデルZX(再)
同じくロックマンゼクスより、もう一人の主人公、ヴァンのモデルZX形態です。
こちらも動きの表現を重視した作りとなっているようですね。



というわけで、全部で9ディーラーからの出展!!
まさに大ボリュームですね!
2/8が非常に楽しみです^^


ワンフェス2015冬、ロックマンガレキ出展ディーラーまとめ(前知識編)

 2015-02-02
半年に一度のガレージキットの祭典、ワンダーフェスティバル(以下ワンフェス)が
2月8日に幕張メッセで開催されます。
今回は、ロックマンのキットを手がけるディーラーさんたちが協力の上、「ホビロック」の
名の下、数々のロックマン作品を展開することとなっています。

↓ホビロックサイト。各造形のサンプルなどはここでチェック!
http://hobby-rock.jp/

ホビロックのサイトでも紹介されていますが、私なりにも、まとめさせていただきたいと思います。
この記事は「前知識編」ということで、ワンフェスの基礎知識や、出展場所を書き、
次記事の「頒布物編」で各作品をチェックしてみたいと思います。

【ワンフェス初心者のための基本情報】

・入場は有料。ガイドブック(2,000円)を購入し、これを券代わりに見せて入場します。
アニメイトなど、一部取り扱い店では、事前購入も可能です。(私も事前購入しました)

・コミケとの違いは、版権を持つメーカー公認であること。
 グレーな部分がなく、権利関係もバッチリ解決。ただし、メーカーが認めない作品も
 ありますので、それらは頒布されません。

・当日この会場に限り頒布OKの許可を得て、各ディーラーは頒布を行っています。
 ゆえに、同人誌のように後日通販はできず、入手したい場合は、当日に会場に
 足を運んでゲットしなければなりません。人気作だと開場直後に終わる場合も・・・。


【ホビロック頒布場所】

場所は「7-25-01」。
多くのディーラー(製作者)のブースは、入り口と平行で横長にいくつかの島を形成し
その中で頒布物を並べていますが、今回は垂直方向に並んだ長机、その一角に
なると見られます。
ホール間通用口の脇にありますので、当日はマップを見ながら場所を探してください。

前回のホビロックの企画時は、各ディーラーさんが別の場所に配置されていたため、
見る方も各箇所をチェックする必要がありましたが、今回はほとんどがこちらで
確認できます。

※多くはこの場所で購入できますが、自ブースとの掛け持ちでやっているディーラー
 さんもいるとのことですので、掛け持ち元のもチェックすると完璧ですね。


ロックマン27周年!

 2014-12-20
1987年12月17日のロックマン1の発売日より、27年が経ちました。
かなり長い時間が経ちましたね。

今回の27周年の節目に、ロックマン関連も動きがいくつか見えていて、

・ロックマンサウンドボックス2の発売日
・PSアーカイブスによるタイトル一挙配信
 「ロックマン8」
 「ロックマンバトル&チェイス」
 「ロックマンX4」
 「ロックマンX5」
 「トロンにコブン」
・WiiUバーチャルコンソールにて、「ロックマンエグゼ3」「同BALCK」配信開始

大きくこの3つがロックマンファンとしては要注目となる日でもあります。

特に、サウンドボックス2は、未音源化であった、ロックマンワールドシリーズや
ロックマン&フォルテなどなど、ファン待望の音源化でもあるので、予約して発売を
心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。
私も、初音源化された多数の楽曲を、移動中に聴くことが出来ると思うと、自然と心躍りますね。
ウヒョー!

ロックマンの新作がなくて寂しいところではありますが、先日WiiU版スマブラも出て
いますし、ロックマンを操作して遊んでいる人は、今現在も多いはずです。

新作は気長に待つしかないですが、ファンとしても、今なおコンテンツとして強力であることを体現することをしていきたいですね。
ロックマンガレージキットの競作(ホビロック)などが、突破口になればいいのですけどね。

ロックマンXover、サービス終了へ

 2014-11-16
2012年からサービス開始していた、ソーシャルゲーム「ロックマンXover」ですが、サービス終了が決定しました。

http://www.capcom.co.jp/smartphone/rock-xover_jp/

終了までのスケジュールとしては、2014年12月25日で課金用通貨(クレスト)の購入をストップ。
来年3月31日にサービス終了とするとしています。

個人的には、ゲームの出来がイマイチだっただけに、よく2年以上も続けられたな~、という感想でしょうか。
アクションゲームを基盤としたロックマンがソーシャルゲームとして始まるか気になっていましたが、
フタを開けてみれば、アクション要素のないアクションパートを単調に進めていくだけの、質の低い内容でした。

このシリーズ独自のデザインのアーマーが登場したり、オリジナルボスの募集などもありましたが、不完全燃焼な部分が多かったですね。

バージョンアップも何回かあり、追加ステージやボスがありながら、盛り上がりはそれほどでもなかったように見受けられましたが、企画と言うよりも、基礎のゲーム部分がどうしようもなかった・・・というのが実情ではないでしょうか。

私もいつしか起動をやめてしまいました。
ファンであればあるほど、やるのが辛く、続けている人も、ファンだからと変な義務感にとらわれていたり、新しいデザインのアーマーを見たいといった、数少ないオリジナル要素のためになんとか続けていたように思えます。

ロックマンシリーズの展開が途切れるのは残念ではありますが、もやもやした状態に一区切り打てるということでもありますので、新たなロックマンを待つ、雌伏の時に戻るとしましょうか。

ロックマンコラボイベントで花やしき遊園地へ!狙われた花やしき?

 2014-09-23
下町、浅草にある日本最古と呼ばれる遊園地、花やしき遊園地。
その花やしき遊園地にて、ロックマンコラボイベントが開催中です。
9/13~10/26、約1ケ月間の開催です。

ロックマンユニティの花やしきコラボの記事
http://blog.livedoor.jp/rockmanunity/archives/7846431.html

花やしき遊園地BLOG
http://www.hanayashiki.net/blog/mt/2014/09/post_333.html

というわけで、私も先週の連休に行ってみましたよ!

【場内の様子】
ロックマン的な要素は、場内ではBGMで一番よく分かりますね。
ロックマン2を中心にした(ファミコン音源のですね)BGMが流され、普段の遊園地とは違った趣を感じさせます。
内装が変わっているのは、後述する「ワイリー亭」ですね。


【スタンプラリー体験】

受付に行くと、A4横の大きさのスタンプカードが渡されます。
8箇所にスタンプを押す所があり、スタンプ台、もしくは施設の利用によりスタンプを押し、賞品ゲットする流れです。

スタンプにデザインされたボスは、5の8ボス。
遊園地→ロックマンメガミックスの時給戦隊アルバイターというわけですね。

スタンプ台を回るのが4ヶ所、こちらは制覇でポストカード。
残りの4ヶ所は、乗り物や食事など有料の要素が絡みますが、こちらは制覇で特製カートリッジ型消しゴムがもらえます。

<ポイント:後半はいろんな意味でハードルが高い!>

後半のは、園内食堂での特製メニューを頼めばOK、こちらはぶっちゃけお金があればいいです。
問題は施設利用ですね。
ペダルをこいで高所を散歩するヘリコプターに、メリーゴーランド子供用ミニ観覧車と、いい大人が乗るには料金以上に勇気が必要ですw
今回は一緒に行った人がいたからよかったけど、1人で来ていたら…(汗


【ワイリー亭】
こちらは園内食堂に、ロックマン1のボスをあしらったコラボメニューが用意されています。
ラーメンのロック麺には、ロックマンがプリントされた海苔があったり、ガッツマンのメニューでは、プチシューをガッツマンの岩になぞらえ、クレープ生地に印刷されているガッツマンとの組み合わせでボス戦ぽく見えるようにしています。
なかなか凝った感じで、多少割高ではありますが好印象ですね。

さらに、食堂内はドット絵ロックマングラの飾り、ロックマングッズが納められたショーケース、有賀先生の来場記念色紙などがあって、いい感じ。


【グッズ販売】
発売中、発売予定の公式グッズともに、花やしきコラボ特製のステッカー、缶バッチ、iPhoneケースなどが置かれています。
ゲットするなら、ここでしか手に入らない花やしき特製品ですね。
缶の形が少し変わった、NEWE缶も売っていました。


【総括】
全体的にロックマン愛が感じられて、非常に楽しいコラボでした。
有賀先生のメガミックス設定を知っているとは、考えた人はにわかファンではありませんねw
余談ですが、館内のアトラクション(乗り物)は、待ち時間が少なく、時間が許せば何度も行けますので、園内アトラクションもきっちり遊びたいのであれば、乗り物回数券(1000円11枚。アトラクション1回につき2-5枚使う)ではなく、1日パスポート(2300円)を買うのがお勧めですね。

まだの人は是非に。
その後、岩本先生も色紙を描いていかれたそうなので、今から行く方は、岩本色紙もチェックシタマエ!

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
書いているひと:N2(エヌツー)

N2


  リンクフリーですが、貼った際は
  メールフォームまたはコメントで
  一言お願いします。


  プロフィールは ここ を参照

  twitter参加中 @N2_EXE

  HP → ろくめがまんweb
  ※ロックマントレカリスト更新中!

アクセス情報

訪問者数

過去の特集

 ■カード道

 ■歴代ロックマンCMを追ってみる

 ■ロックマンCD徒然紹介
 
 *読み物としてもそこそこ楽しめる
   特集もの。
   初めて来た人におすすめです。

最近の記事
最近のコメント
リンク(個人ページ)
リンク(公式サイト・ショップ)
ロックマンユニティ(ウッチーさん)


イーカプコン(カプコングッズ販売) イーカプコンロゴバナー
サイズ:120×60

えいびーす(海外ロックマングッズ販売)

ギルド(アメコミロックマン販売)

月別アーカイブ

    ★monthly-archives★

カテゴリ